美容外科話

COLUMN

二重切開
第236話

【二重全切開】片目だけの切開で両目の二重をそろえる

まず、今回御協力いただいたモニターの方にこの場をお借りして深く感謝いたします。

カウンセリング時に、“片目だけ手術して欲しいのですが”という方にお会いすることもあります。

埋没法が適応になる方は、片側だけに埋没重瞼術をすれば、比較的容易に揃えることが出来ます。

ところが、皮膚切除が必要で、切開法でとなると話が変わってしまいます。

まず、術前と術後3か月の状態を比較していただきたいと思います。
BeforeBefore

術前

AfterAfter

術後3か月

目を開けた時、目を閉じた時の左右差も少なく良好に仕上がっていると思います。

この手術の難しさは、

1.腫れが引いた時の状態を想定して左右揃うデザインにしなければならない

2.閉眼時の傷が少しでも凹んでしまうと左右差としてとても目立つので、凹まない手術をしなくてはならない

3.開眼時の左右差が出ると、これも目立つので、瞼板の挙がり角度(目の開き方)をそろえなくてはならない

4.腫れている間に左右差が強調されるので、患者さんとの信頼関係を築かなくてはいけない
言葉で書くと、難しさが伝わらないかもしれませんが、仕上がった時に左右差が出ないようにするという事に全ての難しさが集約されます。

After

手術時のデザイン

この方の手術時のデザインをお見せしますが、
皮膚のたるみが右側と比べて全くなくなると目立ちますので、皮膚をあまり多く切除せずに綺麗な二重を作ることを考えます。
After

術後1か月

さて、先ほど書きましたが、左右差が出ている状況をお見せしたいと思います。

術後1か月の状態では、切開した左側がパッチリとしていますが、お化粧でごまかせる範囲だと思います。
After

抜糸時

また、抜糸時の状態もお見せしますが、腫れが強く左右差もかなり目立つと思います。

⇒二重切開についてはこちらに手術例をまとめております

仕事の関係で片目ずつと希望される方にお会いすることもありますので、参考にしていただければ幸いです。

いずれにしても、術前に担当医から良く説明を受けた上で、手術をご検討される事をお勧めいたします。

カウンセリング時に、“片目だけ手術して欲しいのですが”という方にお会いすることもあります。 埋没法が適応になる方は、片側だけに埋没重瞼術をすれば、比較的容易に揃えることが出来ます。ところが、皮膚切除が必要で、切開法でとなると話が変わってしまいます。言葉で書くと、難しさが伝わらないかもしれませんが、仕上がった時に左右差が出ないようにするという事に全ての難しさが集約されます。