美容外科話

COLUMN

目の他院修正手術
第199話

部分切開後の傷の凹みを修正する!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

私の外来診察で多いご相談内容の一つに、『閉眼時の傷』で、特に多いのが、凹みと傷の汚さです。

電車の中で人の目が気になって寝られない、うつむくことも人の目が気になるというコメントをよくいただきます。

私は、こうした方にお会いすることが多いので、自分の手術では閉眼時の傷にこだわりを持って手術しています。

閉眼時の傷修正に関しては、これまでもご紹介していますが、今回は部分切開重瞼術を他院で受けられた後の凹みの修正に関してご紹介したいと思います。

まず、術前の状態と術後約6ヶ月の状態をお見せいたします。

開眼時の瞼の感じは、ほとんど変わりがなく、閉眼時の傷の凹みが改善されたのがお分かりいただけると思います。
BeforeBefore

術前の状態

AfterAfter

術後約6ヶ月の状態

部分切開重瞼術の凹みの修正は、凹み方を均一にして組織の量を均等に調整する必要がありますので、全切開での修正手術になります。

このような説明をすると、傷がさらに長くなるのですか?というご不安を持たれることが多いので、この方の場合の切開デザインをお見せします(写真5)。

After

切開デザイン

切除する皮膚は、開眼時の雰囲気が変わらないように傷だけの幅で最小限にデザインしてあります。

ただ、この数ミリ幅で切除するには高度な技術が必要となります。また、皮膚切除のみならず内部の処理を成功させないと良い結果が生まれませんので、手術全体の難易度も高くなります。
After

術直後の状態

術直後の状態もお見せしますが、出血も最小限に抑えられ、 『思ったよりも腫れていない』のがお分かり頂けると思います。

以前にも書きましたが、修正手術は、“落ち着くのに時間がかかる”という事が特徴だと思います。

ただ、この方のように開眼時の雰囲気に問題がない場合は、落ち着く時間も比較的早いと思います。
After

術後3ヶ月

この方の術後3ヶ月の状態をお見せしますが、閉眼時の傷も一般の方には分からないレベルだと思います。
いつも同じような事を繰り返し書いておりますが、術前カウンセリングでは、手術される先生が担当された症例の閉眼時の状態も含めて見せていただくことを強くお勧めいたします。

今回は部分切開での二重手術を他院で受けられた後の、傷の凹みの修正に関してご紹介したいと思います。修正後約6ヶ月で開眼時の瞼の感じは、ほとんど変わりがなく、閉眼時の傷の凹みが改善されたのがお分かりいただけると思います。