美容外科話

COLUMN

目の他院修正手術
第87話

自院の二重切開修正

手術というのは、どの科でもそうですが、結果が予想外になってしまうこともあります。

特に美容の手術は、結果である形が問題なので、予期しない結果が生じた場合に、担当医や患者さんが、どのように対応するのかは、大きな問題だと思います。

私のクリニックでも、このような事が起きることもあり、今までこの事についても書きたかったのですが、御承諾をいただける方もいなかったので、書けずにいました。

今回、この患者さんに事情をお話して、ホームページでの御写真掲載に快諾していただいたので、自分の反省も含めてご紹介しようと思います。

この患者さんには、私を信用して再手術を受けて頂いた事、ホームページに御写真を載せさせて頂いた事について、この場をお借りして深く感謝の意を表したいと思います。
BeforeBefore

術前

AfterAfter

術後4ヶ月

まず、自院の修正が他院の修正と大きく違うのは、前回の手術で何をしたのかという事が、自分ではっきり分かるという事です。

具体的に順を追ってご紹介しますが、術前の状態では、皮膚が少々余っていましたので、切開法の二重の適応と判断いたしました。

手術は、皮膚を5mm幅で切除し、眼輪筋、軟部組織を切除し、極細の溶ける糸で二重を作り手術を終了としました。

After
抜糸時の写真をお見せします。あまり腫れも強くなかったのですが、右目尻のラインが二股になっているのが分かります。

この状態は時間とともに改善することもあるので、間隔をあけて通院していただいていたのですが、6ヶ月経過しても改善しなかったため再手術を計画いたしました。

6ヶ月を経過した時の写真をお見せします。

再手術前の診察で、二重のラインが若干薄くなってしまった事、目尻のラインの形が悪いという点が問題でした。
After
そこで、この方の場合は、
1.脂肪を切除して目尻のラインの形を奇麗にする 
2.二重の固定をしっかりする

という修正手術を計画しました。
また、若干の形の変更のご希望もありましたので、この点も考慮いたしました。

術中の様子をお見せしますが、目尻側の脂肪(写真7)を切除し、二重のラインを前回よりも太い透明な糸で固定しました。
After
修正手術の抜糸時の写真をお見せしますが、前回と比較すると、かなり腫れているのが、お分かりいただけると思います。

これは、脱脂という操作が増えた事、手術自体が2度目であるためです。

この後4ヶ月経過した時点での写真をお見せします。前回の手術に比べ目尻のラインがはっきりしています。この方には、幸いな事に、この時点で満足していただけました。
私としては、“修正手術をする必要が無い様に、術前に担当医と良く打ち合わせていただきたい”とよく書いていますし、術前の打ち合わせを大事にしているつもりなのですが、この方の様に私の患者さんの経過で“思わしくない”方もいらっしゃるので、自分の反省も含めてご紹介させていただきました。

本来、美容の手術は患者さんの社会生活の制限から“なるべく短期間で治療を終了させる”事が大事なのですが、経過を診なければいけない場合は時間をおいて再手術等を考慮しなくてはなりません。

私以外の先生がこの様な方を抱えていらっしゃるかは、不明ですし、これは私の技術不足のためかもしれませんが、このような可能性もあるという事を皆さんに認識していただければ幸いです。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/