美容外科話

COLUMN

鼻の他院修正手術
第210話

鼻シリコンを摘出する!!(シリコン抜去)

今まで、鼻尖軟骨を縛る手術についてご紹介し、鼻尖を縛ることによって鼻筋が通って見えることについても書きました。この影響か、シリコンを抜いて、鼻先を細くして欲しいという方が多くなりました。
今回は、シリコンを抜去して、鼻尖軟骨を縛るだけで、どの程度シリコンが入っていた時と違いが出るのかをご紹介したいと思います。ご協力いただいたモニターの方には、この場をお借りして深く感謝いたします。
BeforeBefore

術前

AfterAfter

術後3か月

まず、術前と術後3か月をお見せしたいと思います。
鼻根部の高さが若干変わったものの、顔の雰囲気には大きな違いが出ていないと思います。

このように、鼻先の形状が鼻全体の印象を左右するような方にはシリコンの挿入は、必要ないと思います。

手術は、鼻尖軟骨を折り曲げ、縫い合わせるという作業と、皮下組織(鼻尖軟部組織)を切除するという二つの作業が手術の中心となっています。したがって、鼻尖軟骨の形、大きさ、皮下組織の厚さによって効果の程度に差が出ますので、全員の方にこの手術だけで対応できるわけでもありませんが、同じような効果が期待できる方も少なくありません。

After

シリコン

挿入されていたシリコンをお見せしますが長さ的には短すぎたように思われ、形状的にはL型でなくてI型で良かったのではないかと思います。
After

抜糸時

参考までにこの方の抜糸時の状態をお見せしますが、あまり腫れていないのがお分かり頂けると思います。
美容の手術は、担当医によって治療計画が異なる点が他の一般医療と大きく異なる点であると思います。術前に担当医とよく話し合って、その担当医が自分の感性にあった人なのかを十分に検証していただきたいと思います。

鼻先を細くする、鼻先を縛る、鼻先すっきり、鼻を小さく、シリコン抜去、鼻修正