美容外科話

COLUMN

刺青切除・刺青除去レーザー
第179話

【大きなタトゥー・刺青の除去】レーザーと切除の傷跡の経過を写真で解説

以前に、刺青除去に切除と植皮を組み合わせる治療法をご紹介いたしました。

今回は、レーザーと切除の組み合わせの治療をご紹介したいと思います。このお話にご協力いただいたモニターの方には、この場をお借りして深く感謝いたします。

刺青除去ご希望の方から、『私の場合は、どれくらいの時間と金額がかかりますか』というご質問を受けることは、非常に多く、私としても時間も費用も最小限になるように考えています。

また、切除の場合は、傷の仕上がりや形も問題となると思いますので、なるべく最小限の傷に仕上げることにも気を遣っています。
BeforeBefore
AfterAfter

この方は、左上腕に単色の刺青がありました(写真1)。

単色黒系の刺青ですので、通常は全体にレーザー治療のみで進めていく事が、治療後の傷も出来ない理由から、医者側の基本です。

この方の治療経過をご紹介しますが、治療前に切除をする範囲を決めました。

写真2のペンで囲んだ部分が切除する部分です

After
この切除範囲以外に2回レーザー照射した状態(写真3)をお見せしますが、レーザー照射した部分の刺青は、かなり薄くなっています。

当初の予定通り残り部分は切除いたしました。
After
切除完了の状態(写真4)をお見せしますが、一部分は若干残っていますが、これは時間とともに消えていきますので、治療はこれで完了です。
このように、手術とレーザー照射を組み合わせることにより、時間的にも経済的にも最小限で治療することが可能です。

刺青除去のカウンセリングにいらした方が『レーザーだけでは、刺青が消えないと聞いたので』とおっしゃる方も多いのですが、刺青の色や深さによって適応はあると思いますので、術前によく担当医と相談していただきたいと思います。

刺青除去の治療計画は、色々なバリエーションが考えられますので、色々な選択肢を提示して患者さんに選択してもらうのが最良であると思っています。

刺青レーザー、刺青除去、写真