美容外科話

COLUMN

刺青切除・刺青除去レーザー
第206話

【背中(肩)のタトゥー・刺青を切除】傷跡の経過とビフォーアフター写真

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に心より感謝いたします。

今回は、皮膚が伸び難い背中の刺青切除の方をご紹介したいと思います。
背中は、皮膚をつまんでみるとすぐわかると思いますが、皮膚自体が硬く厚いので切除後に残った皮膚を寄せるのが難いのです。

ですから、あまり大きく切りとって縫い合わせようとしたら皮膚が足りなくなってしまったという状況にも陥ってしまう可能性があります。

皮膚の質によって、切除出来る量が変わってきますので、背中の刺青切除にも、医師の経験とセンスが非常に大事だと思います。
BeforeBefore
AfterAfter

今回の方は2回に分けて切除いたしました。

術前と2回目の切除が終了した時点での写真をお見せします(写真1, 2)。

このような場合は、1回で切除しようとすると無理な力がかかり傷口が開いてしまうことがあります。

After
1回目の手術が終了した直後の状態をお見せしますが、傷口も力が加わり引っ張られている感じがお分かり頂けると思います(写真3)

この引っ張られた感じは、時間とともに改善していきますが、切除した分の皮膚がなくなり、その方向に皮膚は継続的に引っ張られますので、残った刺青の大きさや形状に変化が出ます。

この方の場合で比較すると、術前に比べ2回目の切除をするときには左側の龍が横長になっているのがお分かり頂けると思います(写真1, 5)。
After
このような変化が出ることを術前に想定できなくては治療計画も立てられませんので、担当医の技術と経験が何よりも大事になってしまいます。

各々の手術間隔は、約3ヶ月が平均的な数字だと思いますが、これも手術の技術によっては、もっと伸びてしまうこともありますので、事前に確認することが大切だと思います。

手術の途中で、『これ以上は、当院では手術できません』と言われて、私のところにいらっしゃる方にお会いすることもありますので、きちんと最後まで責任を持てる能力の担当医を選ばれることを強くお勧めします。
タトゥー・刺青除去の治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=5


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

刺青除去、背中刺青、大きい刺青、安く切除、分割切除