美容外科話

COLUMN

目の他院修正手術
第277話

他院眼瞼下垂手術修正、不自然な感じを治す!

まず、御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

当院は、他院の二重切開手術や眼瞼下垂手術修正の方を数多く治療する日本でも有数の施設だと思います。

一般の方の認識は、『二重や眼瞼下垂手術は、簡単な手術』というイメージがあるためか、簡単に医療機関を決めて、手術を受けられているような印象を受けます。

全切開二重の手術も眼瞼下垂の手術も決して簡単ではないと思いますので、後悔しないように担当医選びを慎重にしていただきたいと思います。


さて、今回は、『他院で眼瞼下垂手術を受けたが、目の開きが悪かったので、同院にて再手術を受け、不自然な目になった』という方をご紹介します。

まず、術前と修正術後3か月の開眼時の状態を比較していただきたいと思います(写真1, 2)。
BeforeBefore

術前の状態です。

AfterAfter

若干の浮腫みが残っているものの目の開き、形状ともに改善しているのがお分かりいただけると思います。

このような方は、挙筋腱膜が離断していることにより、目が開け難くなり、これが二重の引き込みを悪くして、二重の形状にも影響を与えているのが、症状の原因です。

この修正手術は、離断した挙筋腱膜を修復する、新しい二重を作るということをします。

言葉にすると簡単ですが、非常に高度な技術が要求されます。

After

切開デザインです

では、その修正手術工程をご紹介したいと思います。

まず、閉眼時の傷ですが目尻側に行くほど下がった感じになっています(写真3)。

このままですと、開眼時の二重のラインにも影響が出ますので、どのように皮膚を切ると、どのような形状になるのかということを考えながら皮膚切除デザインを行います(写真4)。
After

術中の様子です

皮膚切除をすると、眼輪筋が見えますが、こここの部分には問題が無いことが分かりました(写真5)。

ここからが難しくなるのですが、挙筋腱膜を探し当てるという作業に入ります。

私がピンセットでつまんでいる部分(黄色い矢印)が、挙筋腱膜の一部です(写真6)。

これをどんどん分けて行き、挙筋腱膜を出していきます(写真7)。

こうして露出した挙筋腱膜を正常な位置に戻して固定します。固定が終わった状態をお見せします(写真8)。

この後二重を新しく作り直して手術を終了としました。
After

抜糸から術後1ヶ月までの様子です

次に、術後の状態をご紹介します。術後5日目、抜糸時の状態です(写真9, 10)。

この時すでに開眼時の形状の改善が認められます。

術後1か月の状態(写真11, 12)です。

開眼時の形状は改善傾向になるものの、閉眼時の傷は、術前よりも目立ちます。これが、修正手術の特徴で、腫れが引いたり、傷の状態が落ち着くのに、時間がかかります。

術後3か月の状態(写真13, 14)です。

閉眼時の傷は、まだまだ目立ちますが、目尻側からゆっくりと改善してきていることが分かると思います。今後さらに時間をかけて、ゆっくりと改善していきます。
このように、修正手術では、治癒経過に時間がかかり、『全然治っていない!!』と患者さんに怒られてしまうことも多いのですが、状況を見ながら、ご本人の回復力を頼ったり、器械を使ったりしてフォローアップして行きますので、私が『待って下さい』と申し上げている間は、待って頂きたいと思います。

最近、経過の写真のみをメールで送ってきて、まったく来院されない方にお会いすることもありますが、実物を診させていただかないと傷の状態も全く分かりません。

術後経過に時間がかかるために、術後の診察が非常に大事ですので、来院が全く出来ない方は、他院を選んでいただきたいと思います。

いずれにしても、修正手術は、非常に高度な技術が要求されますので、担当医は慎重に選んでいただきたいと思います。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


今回は他院で眼瞼下垂手術を受けたが、目の開きが悪かったので、同院にて再手術を受け、不自然な目になった状態を修正した事例となります。この修正手術は、離断した挙筋腱膜を修復する、新しい二重を作るということをします。言葉にすると簡単ですが、非常に高度な技術が要求されます。