美容外科話

COLUMN

鼻の他院修正手術
第317話

【小鼻縮小の失敗修正のビフォーアフター】他院施術での左右差を改善

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、『他院にて小鼻縮小をしたら、左右差が出てしまった』という方です。

術前と術後の状態を比較していただきたいと思います。
BeforeBefore

術前正面(写真1)・術前斜め(写真3)

AfterAfter

術後正面(写真2)・術後斜め(写真4)

小鼻の高さと形がかなり違っていいたものが、改善されたのがお分かりいただけると思います。

斜めから見ていただくと、小鼻の高さの変化がよりはっきりとお分かりいただけると思います。

After

デザイン

このように左右差が出てしまっている場合は、『左右で異なったデザイン』をする必要があります。左右それぞれのデザインをお見せします。担当医としては、このラインが引けるか否かの『デザイン力』が非常に大事だと思います。
After

術直後(写真7)

術直後の状態をお見せします。
この段階で、腫れてはいるものの、左右差がかなり解消されたのが評価できます。
After

術後5日目、抜糸時 (写真8.9)

小鼻の手術は、腫れにくいということを書いたことが何回かありますが、修正手術でも腫れは少ない方だと思います。
術後5日目、抜糸時の状態をご覧に入れますので、ご参考にしていただきたいと思います。

⇒鼻の他院修正についてはこちらに手術例をまとめております

いつも同じようなことを書きますが、修正手術は非常に難易度が高く、最初の手術のように患者さんのご希望を聞いてあげられないこともしばしば起こります。

このような事態に追い込まれないように最初の手術では『担当医選び』を慎重にしていただきたいと思います。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


美容整形失敗、美容整形修正、小鼻失敗、小鼻お直し、鼻整形失敗、鼻整形修正