美容外科話

COLUMN

眉毛下切開(眉下切開)
第398話

【眉毛下切開】上眼瞼のたるみを取っても顔の雰囲気を変えない手術

まず、このお話に御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

今回ご紹介するのは、眉毛下切開手術です。

最近、若い方で、上瞼の皮膚のたるみが気になるので、切って欲しいというリクエストをされる方にお会いする機会も多くなりました。

眉毛下切開は、眉毛の下の皮膚を切除することにより、たるみを取るという文字通りの手術なのですが、切開法の二重の手術と大きく異なるのは、『二重を作ることが出来ない』ということです。

しかしながら、上眼瞼のたるみを取るという点では、『顔の雰囲気を変えない』非常に優れた手術だと思います。

では、手術前と術後3か月の状態をお見せします(写真1, 2, 3, 4)。
BeforeBefore

術前(写真1.3)

AfterAfter

術後3カ月(写真2.4)

目の上がすっきりとして、二重の見え方も変わったのがお分かりいただけると思います。

After

デザイン(写真5.6)

この手術も、『切って縫うだけ』の手術なのですが、他院の術後で、『目が閉まらない』という方にお会いすることもあります。

皮膚を切除するというのがメインの手術ですので、切り過ぎてしまっていると、『植皮をせざるを得ない』ということにもなりますし、植皮した部分は、パッチを当てたように不自然になってしまうこともありますので、そうならないように術前デザインをすることが非常に重要です。

いつも書きますが、私はこれを『デザイン力』と呼んでいます。この方のデザインをお見せします(写真5, 6)。
After

手術直後(写真7.8)

この部分を局所麻酔後に切除して、縫い合わせます。

縫合は、丁寧に行わないと、後で傷が目立ってしまいますので、気を遣います。手術直後の状態をお見せします(写真7, 8)。
After

術後1カ月(写真9.10)

術後は、しばらく傷が目立ち、外側(目尻側)から少しずつ目立ち難く治っていくのが一般的です。

完全に目立たなくなるには、術後6か月程度を要しますので、この方も、今後さらに3か月程度要して傷が目立たなく治っていくと思います。

この方の術後1か月の状態をお見せしますので、傷経過のご参考になれば幸いです(写真9, 10)。
どの手術も同じなのですが、美容外科の手術では、『デザイン力』、『縫合力』が非常に大事ですし、どのようにデザインするのかという『担当医のセンス』も重要です。

手術を受ける際には、こうしたことも、きちんと確認されることをお勧めします。

※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。



手術名:眉毛下切開(眉下切開・眉下リフト)

手術内容:上眼瞼のたるみを解消する

副作用(リスク):手術後の腫れ・皮下出血の可能性がある

手術料金: 通常料金¥330,000(税込)、モニター料金¥264,000(税込)手術中に脱脂を行う場合+¥88,000(税込)