美容外科話

COLUMN

人中短縮術(リップリフト)
第415話

【人中短縮術(リップリフト)5mm切除の手術】雰囲気がどのくらい変わるかを解説

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

人中短縮術の説明をしていると、『ぎりぎりまで切って欲しい』という方にお会いすることも珍しくありません。

患者さんからすると、どの程度切るとどの程度変わるのかというイメージが付きにくいと思いますので、今回の方からイメージをつかんで頂きたいと思います。

はじめに、術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態変化を比較していただきたいと思います。
BeforeBefore

術前(写真1)

AfterAfter

術後3カ月(写真2)

いかがでしょうか?口元の雰囲気が明らかに変わったのがお分かりいただけると思います。

After

切除幅(写真3)

実際にどれくらい切ったのかを、定規を添えてお見せしたいと思います。

この方の場合、約5mm程度の切除幅です(写真3)。

顔の大きさに個人差がありますので、一概に何ミリというお話にはならないのですが、私の術では、5㎜程度の切除幅でデザインすることが多いと思います。

もちろん、これ以上切ることも有りますが、『切りすぎて口が閉まらない』『切りすぎて口が動かし難い』という状態にならないように気を付けるようにしています。
After

真皮縫合後(写真4)

術式としては、切って縫うだけの手術ですので、この切除幅、切除するデザイン、縫合技術が重要になると思います。

特に、縫合では、血流を妨げない程度に、丁寧に縫い合わせることが必要で、皮膚の中で縫い合わせる『真皮縫合』という技術が肝で、傷が綺麗になるか否かに大きな影響を及ぼします。

この『真皮縫合』を終えた状態をお見せします(写真4)。
After

皮膚縫合後(写真5)

この後、皮膚縫合を行いますが、これは、術後5日目に抜糸します(写真5)。

真皮縫合の素材は、担当医によって好みがありますが、私は溶ける糸を使用しています。
After

術前(写真6)術後3カ月(写真7)

また、患者さんには、『上口唇が全体的に盛り上がったようになりませんか?』という御質問を受けますが、これは医療機関によって違いがある可能性があります。

私の手術では、盛り上がるような術式を選択していませんので、そのような心配はご無用だと思います。

術前(写真6)、術後3か月(写真7)をお見せしますので、比較していただきたいと思います。
人中短縮術(リップリフト)の手術例はこちらにまとめています
https://www.dr-yamamoto.com/column/?pca=11


※手術後の腫れについてはごちらを御覧下さい※
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12601560746.html

※手術のデザインについてはこちらを御覧下さい※
https://note.com/yamamotoclinic/n/n0fd77d87d512
いつも同じようなことを書きますが、各医療機関、担当医によって、『それぞれのやり方』があります。

どのような手術を行っているのかは、術前によく確認されることをお勧めします。
※※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。


施術名:人中短縮術・リップリフト・鼻下短縮

施術内容:鼻の下の長さを短くする

副作用(リスク):抜糸後は傷跡に赤みがありますが、時間の経過とともに徐々に赤みが引いて目立ちにくくなる

施術料金:通常料金¥308,000(税込)・モニター料金¥246,400(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/subject/?id=1432003113-980422
ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回は、どの程度切るとどの程度変わるのかというイメージが付きにくいと思いますので、今回の方からイメージをつかんで頂きたいと思います。