美容外科話

COLUMN

小鼻縮小
第449話

【小鼻縮小術だけの手術例】鼻が太くならないように鼻尖の手術も必要ですか?という質問に答えます

手術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

相変わらず、『小鼻縮小手術で、小鼻だけ手術するとバランスがおかしくなるって言われました』『小鼻の手術は、鼻尖も絶対セットだよと言われました』等々患者さんからは、いろいろなコメントを頂きます。

確かに、小鼻だけの手術では、鼻尖が相対的に大きく見え、バランスが崩れてしまう可能性もあります。

しかし、それは個々人の鼻の形状によるもので、『絶対』というのは当てはまらないと思います。

また、手術というものは、担当医が変われば、別物になりますので、担当される医師と十分な打ち合わせが必須です。

私は、『1つの手術で患者さんが、満足できるならば複数の手術は行わない』という治療方針ですので、小鼻縮小術のみで十分な結果になることが想定される場合には、『鼻尖とのバランスを崩さない手術』を行うようにしています。

さて、今回の方ですが、正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態を比較して頂きたいと思います。
BeforeBefore

手術前(写真1)

AfterAfter

術後3カ月(写真2)

小鼻が小さくなったのは当たり前ですが、鼻尖の形状とのバランスが悪くなっていないように感じるはずです。

また、小鼻が小さくなってことにより、鼻筋が通ったようにも見えるのではないでしょうか。

After

手術前(写真3)術後3カ月(写真4)

から見て頂くと、術前(写真3)と術後3か月(写真4)で、小鼻の丸みが損なわれずに小さくなっているのかがお分かりになると思います。
After

手術中(写真5)

小鼻の手術を行う際に大事にしているのは、左右差です。

術後に左右差が強調されることがないようにデザインするのは勿論ですが、手術中の縫い方でも左右差が強調されてしまう可能性がありますので、皮膚切除を行った後に、左右バランがどのようになっているのかを検証することも少なくありません(写真5)。
美容外科手術というものは、同じ名前でも、担当する医者によって別物であることは、よく書いていますが、『小鼻だけだと綺麗にならない』とあきらめるのではなく、『小鼻だけの手術だけで、いかに満足してもらうのか』という点にこだわって、私は手術を行っています。
今回の小鼻縮小術後の傷についてはブログにてご紹介しております。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12691136464.html

手術デザインについてはnoteにてご紹介しております。
https://note.com/yamamotoclinic/n/nada59908c50c
※出血シーンが含まれておりますので、閲覧にはくれぐれもお気を付けください。


施術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

施術内容:鼻が大きい・小鼻の広がりを解消する

副作用(リスク):抜糸後、1~3ヵ月程度は傷の赤みがある。元に戻すことができない。
             

価格:通常料金¥330,000モニター料金¥264,000(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回は小鼻縮小についてご紹介致します。