美容外科話

COLUMN

小鼻縮小
第461話

【小鼻縮小術】左右差を目立たさなくさせる手術とは

手術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

一般的に、小鼻に左右差が無い方は、皆無と言っても良いくらいだと思います。この左右差を完全になくすことは難しいので、『左右差を目立たなくする』ということを手術目標にさせて頂いております。

早速、実際の方を御覧に入れたいと思います。
正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態を比較して頂きたいと思います。
BeforeBefore
AfterAfter

小鼻の広がりがおさえられ、すっきりとした感じに仕上がっていると思います。

また、鼻全体の雰囲気もすっきりとした印象になっているのではないでしょうか?

After
斜めから見て頂くと、術前(写真3)と術後3か月(写真4)で、小鼻の丸みが損なわれず自然に仕上がっているのがお分かりになると思います。

また、小鼻の付け根の位置も若干上がっていると思います。
After
さらに、下から見て頂くと、術前(写真5)と術後3か月(写真6)では、鼻の穴もコンセントのような形状にならずに小さくなっていることがお分かりになるはずです。
After
手術を行う際に、左右を定規で測り、同じだけ小さくすると、どうなるでしょうか?
術後に『左右差が強調され、余計目立つ』ということになります。

このようにならないためには、左右バランスを考え、左右で異なったデザインを書くことが非常に重要です。

手術書には、何ミリという話がよく書かれていますが、ご本人の顔に合うようにバランスよくというのがミリ数よりも大事だと私は考えています。

この方のように左右差を気にされている場合には、『左右で違うデザインを書く能力』が必須だと思います。

ミリの話しかしない医者は、こういう場合は、要注意かもしれませんね。

私のデザイン(写真7)をお見せします。

手術デザインの際は、『直線的』な感じではなく、立体をイメージした曲線で書くことがポイントです。
また、この手術は、中縫いの際に大きな力を間違った方向に加えると、小鼻が二段になったように凹んだ部分が出来てしまいますので、縫い方にも気を遣う必要があります。

さらに、表面縫合は、きつく縫うと、血の巡りが悪くなり、縫い目が残ってしまいますので、結び方にも気を遣います。

いずれにしても、『丁寧さ』が非常に大事ですので、時間に追われてバタバタと手術をしている医療機関では、少々環境的に厳しいかもしれませんね。

美容外科の手術は、担当医によって別物であることは、よく書いていますが、小鼻の手術は、特に医者のデザインや、縫合の方法に差が出る手術です。

術前に『担当医がどのような手術を行うのか』ということを、その医師が担当した画像を検索して、術者の能力、センスを認識して手術を受けて頂きたいと思います。
他の話でも同じ事をご紹介していますが、術後に小鼻が腫れていると、患者さんには腫れと認識されずに、『左右差』に見えてしまうことも少なくありません。

そうした術後経過やダウンタイムも考えて手術を検討されることをお勧めします。

⇒小鼻縮小術についてはこちらに手術例をまとめております

小鼻縮小術の腫れについてはブログをご覧下さい。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12725420906.html

小鼻縮小のデザインについてはnoteをご覧下さい。
https://note.com/yamamotoclinic/n/n69da2cc62ef4
※出血シーンがございますので閲覧にはくれぐれもお気を付け下さい。


施術名:小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

施術内容:鼻が大きい・小鼻の広がりを解消する

副作用(リスク):抜糸後、1ヵ月程度は傷の赤みがある。元に戻すことができない。
             

価格:通常料金¥352,000モニター料金¥281,600(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

今回の場合、小鼻の大きさ、左右差が気になるというのが、御相談内容でした。