美容外科話

COLUMN

鼻の他院修正手術
第473話

あれ?鼻プロテーゼ(シリコン)、抜きましたよね??他院鼻整形の修正。

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

鼻プロテーゼ(シリコン)抜去をご希望される方に時々お会いします。

プロテーゼがずれているという理由や異物で不安という理由の方が非常に多いと思います。

当院では、単純にプロテーゼ抜去を行うと、鼻翼軟骨の変形が表在化することがあり、鼻尖の形状が悪くなってしまう可能性があること、抜去後に鼻が低く見えてしまうこと等の理由から抜去術と共に鼻尖形成術をお勧めすることがほとんどです。

今回の方もプロテーゼ(シリコン)抜去術と鼻尖形成術を行いました。

まず、正面の状態を術前(写真1)と術後6か月(写真2)で比較していただきたいと思います。

鼻尖の形状が細くなったために、ぱっと見た感じは変化が分かりにくくなっているのではないかと思います。

BEFORE
AFTER

斜めからご覧頂くと、プロテーゼ(シリコン)が無くなった割には、変化がないことがお分かり頂けると思います(写真3, 4)。

よく見比べて頂くと、鼻根部が若干低くなっていること、鼻背の形状が変化していることに気が付かれるはずです。

下からご覧いただくと、鼻尖の形状も改善され、鼻尖は『細く高く』なったことがお分かり頂けると思います(写真5, 6)。

では、この方に入っていたプロテーゼ(シリコン)がどの程度の大きさのものであったかをお見せします(写真7)。

このようにきちんとしたサイズの物を抜去しても、案外変化が少ない気がしませんか?

なお、プロテーゼは、周囲の組織を傷めないように、愛護的に摘出します(写真8)。

このように仕上げるためには、鼻尖形成術が非常に重要だと思います。

プロテーゼ(シリコン)が挿入されていた影響で、鼻翼軟骨の内側脚が変形していることも多く、鼻翼軟骨自体も圧迫により変形していることも珍しくありません。

こうした、軟骨の形状変化を確認しながら、鼻尖の軟骨のバランスを整えるように手術を行います(写真9)。

『そもそもプロテーゼ(シリコン)の手術は必要だったのか?』という疑問を抱くことは少なくいないのですが、患者さんのご要望を十分検証し、最適な治療法が何かを考えることが、『診察』だと思います。

患者さん側も、『自分のニーズに合った手術は、何か?』ということと、『この医者の言っていることで間違えがないのか』をお考えいただきたいと思います。

この為に、私は、複数の医師の診察を術前に受けることをお勧めしています。術後に『こんなはずではなかった』とならないように術前の検証は念入りに行うことが成功への道だと思います。

施術名:手術名:シリコン抜去(他院)+鼻尖形成修正

手術料金:シリコンプロテーゼ抜去(他院)¥220,000(税込み)+鼻尖形成修正¥445,500(税込み)

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
鼻の手術料金

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
メールでのお問い合わせ

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
スタッフブログ

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
Instagram