美容外科話

COLUMN

鼻の複合手術(2つ以上の手術)
第477話

鼻の存在感を小さくする!! 小鼻縮小術+鼻尖形成術。

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻の存在感を小さくしたいというご希望で来院された方です。

基本的に、私は『最小限の手術で』と考えるようにしていますので、1つの手術で十分に効果が出そうな場合や、2つの手術をやろうか否かで迷う場合は、1つの手術をお勧めしています。

しかしながら、この方の様に、2つの手術を同時に行った方がバランスよく仕上がると考えられた場合には、複合手術のご提案をするようにしています。

早速、どの程度の変化が出たかをご覧頂きたいと思います。 まず、正面の術前(写真1)、術後3か月(写真2)の状態です。

BEFORE
AFTER

鼻全体が細くなったように見え、鼻が目立ち難くなったと思います。

斜めから見て頂くと術前(写真3)と術後3か月(写真4)では、鼻尖の形状も変化し、『鼻がすっきりとした』印象に変化したのがお分かりいただけるはずです。

横から見て頂くと、鼻尖の位置、形状が変化し、術前の矢印で示した出っ張りも目立ち難くなっていることが認識できるはずです(写真5, 6)。

よく、『他院では鼻尖の手術では、鼻先が上を向くよ』、『小鼻の手術は、小鼻の膨らみが無くなってしまうよと言われた』等のコメントを患者さんから頂きます。

これは、私とは手術の方法が異なるためだと思います。

小鼻縮小術では、仕上がりを意識しながら、曲線的なデザインを施行することが非常に大事で、左右の幅に合わせて、左右別々のデザインを描けるか否かが術後の形状に大きく影響します(写真7)。

鼻尖形成術(団子鼻手術)では、鼻尖がどこに来たら綺麗に仕上がるかも術前にデザインすることが非常に重要で、私は矢印で示したように印をつけるようにしています(写真8)。

さらに、鼻全体の幅がどのように仕上げると良いのかもデザインに加えるようにしています。

いつも同じような事を書きますが、『デザイン力なくして美容外科手術は成り立たない』と私は考えています。

そのため、デザインに30分以上の時間を使うこともあります。

小鼻縮小術では、切る方向、皮膚の中の組織の残し方、縫い方等を工夫して、小鼻が不自然に小さくならないような配慮をした手術を行っています。

一見すると同じ手術に見えるかもしれませんが、実は全く別物に仕上がってしまうというのは、各工程での一つ一つの技術に違いがあるためなのです。

『手術を担当する医者がどのような手術をして、どのような仕上がりになるのか』ということは非常に重要ですので、ご自分の担当医の症例写真を検討して、考えることを強くお勧めします。

きっと、腕の差にも気が付かれるはずです。

また、美容外科の治療方針は、担当医によって様々なバリエーションが考えられ、まさに十人十色なのではないかと思います。

私は、『自然な変化を出す』ことを考え、ご本人には、手術方法をご提案させていただくようにしています。

当院で手術を受けて頂くことが、常に最良だとは考えていませんので、診察の際に、他院でのお話等も気楽にされて構いません。

手術を請け負わせていただいた方に、『ここで手術して良かった』と言われることを目標に、私含め当院スタッフ全員は、日々精進するようにしております。

手術後の腫れに関してはブログを御覧下さい。

ラフな感じなnoteはこちら

手術内容:鼻尖形成術/鼻尖(鼻先)の形状を細く整える
    :小鼻縮小術/小鼻を小さくする・鼻の穴を小さくする

副作用(リスク)
:鼻尖形成/鼻先にテープ固定、皮下出血の可能性・元に戻すことができない
        :小鼻縮小/皮下出血の可能性、切除しすぎると不自然な小鼻になる可能性がある・元に戻すことができない

施術料金:鼻尖形成術(だんご鼻解消術・鼻尖縮小術)¥352,000(税込)モニター料金¥281,600(税込)
    :小鼻縮小(鼻翼縮小)¥385,000(税込)モニター料金¥308,000(税込)

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。