現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の手術/二重切開

  • 第246話 2015/01/16
  • 二重切開

一重から二重へ! 目頭切開、切開二重で目元を華やかにする!!

まず、御協力いただいたモニターの方にこの場をお借りして深く感謝いたします。

二重のカウンセリングをしていると、『あまり感じを変えずに自然な感じで』とご要望を受ける場合と、『はっきりとした感じの目元にしたい』というご要望される場合があります。

一般的には、『はっきりした二重』というのは『幅の広い二重』と理解されていることが多いような気がします。しかし、あまり幅を広くデザインすると“眠そうな感じ”に仕上がる事がありますので、注意が必要です。

今回は、一重の方を目頭切開と二重切開法にて“はっきりとした感じ”にしましたので、ご紹介したいと思います。

この方の術前と術後3か月を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前

After After

術後3か月

広すぎない平行型の二重になり、目元が明るい感じになったのがお分かり頂けると思います。

この方の目頭切開は、大きな変化にはしませんでしたが、赤目の部分を比べていただくと変化がお分かり頂けると思います。

また、脱脂を同時に行い、瞼が上がりやすくなり、二重がきれいに仕上がるように注意しました。

After

デザイン

このように書くと、あまり皮膚を切らないようなイメージをお持ちになる方がいらっしゃるかもしれませんが、この方の術前のデザインをご覧になると、『皮膚を結構切っている』という事に気が付かれると思います。
After

術後5日目

患者さんに『二重を広くするのは、皮膚切除ですか?』と聞かれることもありますが、場合によっては、正しいと思います。

それは、二重の幅は、“固定位置”、“皮膚切除”、“瞼の挙がり具合”で決まるからです。

しかし、この考えも医師によって異なり、そうしたことが手法に直結しているというにも、美容医療の特徴だと思っています。ですから、担当医によって治療方針やデザインも変わってしまうのです。

同じような事を度々書きますが、こうしたことからも担当医との打ち合わせは、非常に重要になります。
最近は、インターネットの普及により患者さんの知識が豊富になってきているのですが、誤った知識をどこから入手して、こだわりがある方にもお会いします。

一番大事なのは信頼できる担当医を探すことだと思います。

特に腫れている時期は、『こんなに腫れて大丈夫か??』と不安に思われることでしょう。

そのような時に担当医との信頼関係があれば、不安になる事は少ないと思います。

信頼できる担当医選びを何よりも大事にしていただきたいと思います。

一般的には、「はっきりした二重」というのは「幅広い二重」と理解されていることが多いような気がします。しかし、あまり幅を広くデザインすると“眠そうな感じ”に仕上がる事があるので、注意が必要です。今回は、一重の方を目頭切開と二重切開法にて“はっきりとした感じ”にしましたので、ご紹介したいと思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら