現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法目の形成/二重切開

  • 第226話 2013/09/28
  • 二重切開

二重切開後の傷のビフォーアフター【男性編】

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

私の外来診察で多いご相談内容の一つに、他院手術後の『閉眼時の傷』があります。

特に多いのが、凹みと傷の汚さです。

また、困ったことに、こうした修正手術に対応できる医療機関が少ないのも事実です。

さらに困る事は、修正可能と安請け合いして術前より悪化させてしまう医師がいることです。

今回は、こうした現状を踏まえて二重切開を受けた後に『閉眼時の傷』がどのような経過を取るのかを、化粧をされない男性を例にしてご紹介したいと思います。

患者さんの社会生活上、閉眼時の傷は、非常に問題になります。

傷が汚いと

“下を向けない”

“人前で目をつぶることが出来ない”

等の弊害を生じてしまいます。


また、傷跡を隠すお化粧をしない男性には、傷の汚さは致命的です。

そこで私は、閉眼時の傷にこだわりを持って手術をしています。

今回の方の、術前の状態と術後3ヶ月経過した状態をお見せいたします。
Before Before

術前

After After

術後3か月

閉眼時の傷も、凸凹もなく傷跡も目立たずに奇麗に仕上がっていると思います。

二重切開の傷は、落ち着くのに時間がかかるのですが、時間軸で追ってお見せしたいと思います。

After

術後5日目 抜糸時

術後5日目抜糸時ですが、浮腫と皮下出血で痛々しい感じだと思います。また、左右差も目立ちます。

術後1か月の状態ですが、開眼時は大分自然になっていますが、閉眼時は、傷に色素沈着があり、目立ってしまいます。

女性の場合は、この程度になるとお化粧で十分に隠せると思います。
After

術後1か月

先ほどお見せしましたように、術後3ヶ月には、ほとんど問題ない程度になると思っています。

手術の完成形も非常に大事な問題ですが、術後の傷の経過も社会生活上、非常に大事な問題になりますので術前に担当医からよく説明を受ける事をお勧めいたします。

ここで、今回の方について傷以外のご説明をしたいと思います。

術前の状態をご覧になるとお分かりいただけますが、『左右差』があります。

人間の顔というのは左右対称ではないのですが、このような左右差がある場合は見た感じをそろえた方がきれいに仕上がります。

従って、左右で違うデザインをしなくてはいけません。
After

デザイン

他院修正の方で、術前よりも左右差が強調されてしまったというようなお悩みの方にお会いすることもありますが、左右差を考慮したデザイン能力も手術の腕の一部だと思います。

この方のデザインをお見せしますが、皮膚のたるみ具合等を考慮して左右で違ったデザインをしていることがお分かり頂けると思います。
このように、術前カウンセリングでは、担当される先生の閉眼時の状態写真を見せていただいたり、術前デザインについての考え方についての打ち合わせをきちんとされることを勧めいたします。

私の外来診察で多いご相談内容の一つに、他院手術後の「閉眼時の傷」があります。特に多いのが、凹みと傷の汚さです。また、困ったことに、こうした修正手術に対応できる医療機関が少ないのも事実です。さらに困る事は、修正可能と安請け合いして術前より悪化させてしまう医師がいることです。今回は、こうした現状を踏まえて二重切開を受けた後に「閉眼時の傷」がどのような経過を取るのかを、化粧をされない男性を例にしてご紹介したいと思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら