現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の手術/二重切開

  • 第186話 2011/05/15
  • 二重切開

二重切開の傷は残るのか?の疑問にお答えします

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方にはこの場をお借りして深く感謝いたします。

カウンセリングで『切開法だと傷が残りませんか?』というご質問をよく受けます。

傷が全く残らないというのは言い過ぎかもしれませんが、お化粧をしていない状態で、ほとんどわからない状態になるというのが、現実的です。

もちろん、全ての方が同じ経過を取るわけではないのですが、ほとんどの方がこのようになります。

いつものコラムでは、術後1ヶ月や3ヶ月の方をご紹介していますが、今回の方は術後6ヶ月経過していますので、非常に参考になると思います。

傷の仕上がりをお見せするために、患者さんはお化粧をしていません。
二重切開手術のビフォー Before

術前

二重切開のアフター After

術後6カ月

術前の状態と術後6カ月の状態と比較していただくと、二重まぶたになったことで、感じはかなり変わっていますが、『閉眼時の傷は、ほぼ分からなく』なっています。

手術で二重まぶたになっていますので、普段アイプチをしていらっしゃる方でなければ、周囲にばれずにというのには無理があると思いますが、初対面の人に手術したことがばれることはないと思います。

After

術前デザイン

手術についてですが、皮膚の余りが覆いかぶさっていますので、皮膚切除をする必要があります。

また、まぶたの厚さもありますので、脱脂の必要性も術前の段階で想定されます。

術前のデザインと術中の状態をお見せしますが、これだけの皮膚切除が必要になります。
After

術中

脱脂の判断が難しいこともありますが、切開を加えた段階で、このようにたっぷりと脂肪がある場合には、脱脂をしないと二重のラインが浅くなり、ぼやけた感じの目になってしまうので、脱脂を合わせて施行します。
After

術後5日目抜糸時

この方の術後5日目抜糸時の状態をお見せしますが、腫れのために二重の幅が広く、目の形も不自然に見えます。

このような状態から落ち着いていきますので、初めて手術を受けられる方は心の準備が必要かもしれません。

また、傷口も抜糸の時は“段差がある”ように見えるかもしれませんが、最初にお見せしたように、全く段差もなく奇麗に治ります。
このような傷口の経過は、担当される先生の腕が出ますので、術前に担当される先生の手術症例の閉眼時もきちんと見せていただく必要があります。

いつも同じような事を書いていますが、術前に担当医の腕を評価することも患者さんには大事なことだと思います。

カウンセリングで『切開法だと傷が残りませんか?』というご質問をよく受けます。 傷が全く残らないというのは言い過ぎかもしれませんが、お化粧をしていない状態で、ほとんどわからない状態になるというのが、現実的です。 今回の方は術後6ヶ月経過していますので、非常に参考になると思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら