現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の他院修正手術

  • 第243話 2014/10/07
  • 目の他院修正手術

不自然で凹んだ二重を修正する!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

私の外来では、『閉眼時の傷が気になる』という方が多くいらっしゃいます。

また、『眠たそうに見える』という相談や『二重の幅が広すぎる』という相談も相変わらず多く受けます。

当院は、こうした修正手術を積極的に行っています。

手術によりストレスを抱えてしまった方々の、お役に立てれば私の医者としての存在価値があると考えているからです。

また、こうした修正手術に対応できる能力がないにもかかわらず、医師に安請け合いされて他院にて修正手術をされ、術前より悪化させられた方にお会いすることも増えましたので、修正手術として難易度の高い方にお会いする機会も増えました。

修正手術は、その特性上、高い技術が要求されますので、私も更なる修行を重ねたいと思っております。

さて、今回は閉眼時の傷修正と、さらに、眠そうで、プックリした感じの二重が気になるという複数のお悩みをお持ちだった方をご紹介したいと思います。

まず、術前の状態と術後5か月後の状態をお見せいたします。
Before Before

術前の状態

After After

術後5か月後の状態

閉眼時の傷の凹み(特に目頭側)が改善され、二重のプックリ感もなくなり、
“パッチリとした”のが、お分かりいただけると思います。

切開重瞼術の凹みは、凹み方を均一にして組織の量を均等に調整して修正します。
また、手術による軽度の眼瞼下垂も認めますので、これも同時に修正する必要があります。

After

修正デザイン

さらに、二重の切開ラインの形状が不自然さを助長していますので、切開ラインも修正してデザインします。

デザインも重要な修正要素になります。修正デザインをお見せしますが、前医による左右差がありますので、開眼時、閉眼時の状態をよく検証して、左右差をつけて修正デザインをしてあります。

このデザイン能力も修正医には必須だと思います。
After

術後1か月

修正手術の際は、“落ち着くのに時間がかかる”という事が特徴です。

とくに閉眼時の傷の凹みが改善するには時間がかかります。

この方の術後1か月の状態をお見せしますが、この時点では、目の不自然さと傷が目立つかもしれません。
After

術後5日目抜糸時

術前に『術後、すごく腫れますか?』とよく質問されますので、術後5日目抜糸時の状態もお見せしますので、参考にしてください。


さて、今回は閉眼時の傷修正と、さらに、眠そうで、プックリした感じの二重が気になるという複数のお悩みをお持ちだった方をご紹介したいと思います。術前に『術後、すごく腫れますか?』とよく質問されますので、術後5日目抜糸時の状態もお見せしますので、参考にしてください。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら