現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の他院修正手術

  • 第239話 2014/07/18
  • 目の他院修正手術

眠そうなで幅広い二重を修正する!傷の凹みも同時に治療

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

当院で多い二重修正のご相談内容に、『閉眼時の傷』があります。特に多いのが、凹みと傷の汚さです。

また、『眠たそうに見える』という相談や『二重の幅が広すぎる』という相談も多く受けます。

当院は、こうした修正手術を数多くこなす日本でも有数のクリニックであると自負しております。

修正手術は、その特性上、高い技術が要求されますので、担当医選びは特に慎重にしていただきたいと思いますが、修正手術に対応できる能力がないにもかかわらず、安請け合いして術前より悪化させられた方にお会いすることも増えましたので、担当医選びには注意が必要です。

さて、閉眼時の傷修正に関しては、何回かご紹介していますが、今回はさらに、眠そうな感じになってしまい、二重の幅も気になるという複数のお悩みをお持ちだった方をご紹介したいと思います。
開眼時 Before

術前/術後3か月

閉眼時 After

術前/術後3か月

まず、術前の状態と術後3か月後の状態をお見せいたします。

閉眼時の傷の凹みが改善され、二重の幅も狭くなり、“パッチリとした”のがお分かりいただけると思います。

切開重瞼術の凹みは、凹み方を均一にして組織の量を均等に調整して修正しますが、この方の場合は、手術による眼瞼下垂も認めますので、これも同時に修正する必要があります。

二重の幅は、目の開く角度、皮膚の切除量、内部処理の調整によって修正します。

After

術前のデザイン

術前のデザインをお見せしますが、 前医による左右差がありますので、左右差をつけて修正デザインをしてあります。このデザイン能力も修正医には必須だと思います。

また、いつも書いていますが、修正手術の際は、“落ち着くのに時間がかかる”という事が特徴です。とくに閉眼時の傷の凹みが改善するには時間がかかります。

この方の術後3か月の状態をお見せしましたが、この時点では、まだ若干傷が目立つかもしれません。
After

修正術後6ヶ月の傷の状態

ここで修正術後6ヶ月の傷の状態をお見せしますが、3か月後の状態よりも改善したことがお分かり頂けると思います。

このように、術後数か月間経過した時点からも、さらにゆっくりと改善していきます。

また半年、一年と経過するごとに改善する場合が多いというのが特徴です。
他院の修正手術を受ける場合、『最低半年は待て!』というのが、通説ではありますが、状況によっては、術後なるべく早い時期に手術した方が良い場合もあります。

これは、経験値の高い医師でないと判別できませんので、気になった場合は診察にお越しいただきたいと思います。

いつも同じような事を繰り返し書いておりますが、術前カウンセリングでは、このようなことで悩まないように手術される先生が担当された症例の閉眼時の状態写真も含めて見せていただくことを強くお勧めいたします。

今回は、眠そうな感じになってしまい、二重の幅も気になるという複数のお悩みをお持ちだった方をご紹介したいと思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら