現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の他院修正手術

  • 第180話 2011/02/25
  • 鼻の他院修正手術

鼻注入物(エンドプロテーゼ、アクアミド)のトラブル?

鼻シリコンのトラブルについては、以前に書きましたが、今回は異物を注入後に修正手術を希望された方を治療いたしましたのでご紹介したいと思います。この話にご協力いただいたモニターの方々には、この場をお借りして深く感謝いたします。

まずエンドプロテーゼの方をご紹介したいと思います。
この方の術前の状態と術後2ヶ月の状態をお見せしますが、違いが分かりますでしょうか?というよりも術前の問題点がお分かりいただけるでしょうか?
Before Before

術前

After After

術後2ヶ月

この方のご要望は、“エンドプロテーゼを鼻全体に入れたが、最近になって鼻先が太くなってきた。心配なので、鼻先のエンドプロテーゼを除去し、他の方法で今と同じ高さと今よりも若干細い鼻先にして欲しい。

ただし、手術はあくまで鼻先だけで、他の部分は気に入っているので、手を加えないで欲しい”というものでした。

エンドプロテーゼは、小さいブロック状の注入物で、液体ではないので、摘出は容易です。ただし、形を微調整して入れることが難しいと思います。

また、重力による下方移動も懸念されます。

この方は、他院で施術されていますので、術前の状態からどの程度注入したのかは定かではありませんでしたが、治療として、

1.鼻先のみのエンドプロテーゼを摘出する

2.鼻尖軟骨を縫縮することにより、幅を狭くして高さを出すという計画を立てました。

After

エンドプロテーゼ

術中の状態をお見せしますが、白い小さなブロックのようなものが、エンドプロテーゼです。
術後の状態は、ご本人のご希望にほぼ近く仕上がっていると思います。
After

手術中の状態/切除した状態

エンドプロテーゼと対照的なのが、アクアミドです。この方は、注入後、徐々に腫れてきたそうです。
治療方針は、エンドプロテーゼと同様ですが、皮膚や組織に一体となるように癒着しているので、摘出(切除)する手間が比較にならないくらい難しいという問題点があります。

手術の切開部位も、操作がしやすいように鼻を鼻柱から開ける必要があります。

手術中の状態をお見せしますが、鼻の真ん中に白く見えるのがアクアミドです。

これらを切除した状態と比較していただけるとアクアミドがどのように注入されていたかがお分かりいただけると思います。
After

取り除いたアクアミド

こうして取り除いたアクアミドをお見せします。
このようにバラバラにしながら切除します。
今回は、異物注入後の手術をご紹介しましたが、同じ異物でもこのように治療方法や難易度が変わります。

このような施術後の次の治療も安心して、同じ担当医にご相談できるような環境で治療に望んでいただきたいと思います。

『画期的な新製品が出ました』というメーカー側の言い分を鵜呑みにしないように、我々医師側も患者さんとよく相談した上で治療方法を決める必要があると思います。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=14


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


異物除去、鼻が腫れる、他院修正(鼻)

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら