現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第248話 2015/02/10
  • 複合手術(2つ以上の手術)

複合手術(鼻尖軟骨縫縮+α)で、鼻の雰囲気を変える!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方々に、この場をお借りして深く感謝いたします。

鼻尖軟骨縫縮は、『アップノーズになりませんか?』『術後すぐに元に戻ってしまうと聞いたのですが』というご質問をいまだによく受けます。 従来の手術書のやり方では、そのような心配があるのかもしれませんが、私の術式は、教科書にあるやり方とは違いますので、戻らずアップノーズにならずに、きちんと効果が出ます。

今回は、鼻尖軟骨縫縮術のみでなく、他の手術を組み合わせた患者さんをお二人ご紹介したいと思います。

初めにご紹介する方は、鼻尖軟骨縫縮術と小鼻縮小を組み合わせた方です。
この方の術前と術後1年の変化を比べていただきたいと思います。
Before Before

術前(一人目の方)

After After

術後1年(一人目の方)

鼻筋が通り、高くなったと感じられると思います。
また、鼻の穴の見え方も変わり、小鼻もすっきりとしたのがお分かりいただけるのではないでしょうか?
小鼻を手術すると、このように鼻の広がった感じが解消されるのですが、切りすぎると“付け鼻”のような感じに仕上がってしまいます。

After

術前(二人目の方)

次の方は、“縛るだけでなく、鼻先の高さが少し欲しい”という方です。

鼻先の軟骨を縛るだけでも若干高くなるのですが、もう少し高さが欲しいということでしたので、耳の軟骨(耳介軟骨)を少しだけ移植することにしました。
After

術後1か月(二人目の方)

この方の術前と術後1ヶ月の変化を比べていただきたいと思います。
鼻筋が通り、鼻尖も高くなったのが感じられると思います。
After

一人目の方/二人目の方 のデザイン

お二人の小鼻の切除デザインをお見せします。

1人目の方:
“案外切っていない”というのが、お分かり頂けると思います。

2人目の方:
移植した軟骨は、小範囲ですので、術前のデザインをお見せします。丸く書いた部分に軟骨を植えることによって鼻先が高くなっているのがお分かり頂けると思います。
鼻の手術では、ご本人の希望をお聞きして、手術をプランニングしていくというのが非常に大事なことです。
私は、“必要最小限の治療で、ご本人の希望に近く”という事を非常に大切にしています。 患者さんのご希望をどのように具現化していくかという方法は、担当によって大きく異なることも稀ではありません。
術前に担当される先生の術式や考え方をよく認識してから手術を受けられることをお勧めします。

鼻筋、団子鼻、鼻先を縛る、鼻先形成、鼻先を高く、鼻先を細く、小鼻縮小、小鼻を小さく、軟骨移植

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら