現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法へそ・ワキガ・ピアス他/へそ形成・ワキガ

  • 第242話 2014/09/11
  • へそ形成・ワキガ

お臍の中の形を治す!

はじめに、この御写真をご提供いただいたモニターの方には、この場をお借りして深く感謝いたします。
毎年この時期になると、お臍の手術をする機会が多くなります。
まず、手術自体は非常にシンプルで、基本的な手技はいつも同じです。
また、局所麻酔の手術ですので、当日に帰宅が出来ます。
外来で、この辺をこうして、ここを少し細くしてというようなご要望の方にお会いすることも稀ではありません。しかし、この手術は、ご本人の『お臍の元の形』に左右される部分が多いので、自由自在に形成できないというのが実状です。
Before Before

術前

After After

術後1ヶ月

術前と術後1ヶ月の状態をお見せいたします。
この方は、お臍の中身が飛び出している、“でべそ”の状態です。
また、お臍の中身に凹凸が無いために、お臍自体が大きく見えます。
このような場合は、出ている部分を引っ込めるように切除範囲をデザインし、お臍の中の余分な皮膚を切り取ることで形を整えるようにデザインします。術前後で比較していただくと、お臍の感じがすっきりしたのがお分かり頂けると思います。

どのような場合にも、基本的には同じ作業を行う手術ですが、お臍のでっぱり等に合わせて、皮膚の切除量を決定したりするというデザインにも担当医の技量が重要となります。
また、『先生の手術の特徴は、何ですか?』という質問を受けることも少なくないのですが、最大の特徴は、“傷がお臍の外につかない”ということです。他施設の術式では、お臍の外側にまで傷を延長するものがありますので、この点は大きく異なると思います。
さらに、皮下出血や腫れも案外少ないのも、この術式の特徴です。

After
手術直後の状態もご紹介しておきます。
同じお臍の手術でも、医療施設や術者によって違いますので、どのような経過を取るのかを術前に確認されることも重要です。 また、お臍の手術は、場合によって、腹膜を開けるという消化器外科の経験が必要になることもありますので、担当医の技量についても考えられることをお勧めします。

でべそ、臍、でべそを治す、でべそ治療、臍手術、臍の形を変える

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら