現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の他院修正手術

  • 第261話 2015/10/08
  • 目の他院修正手術

眼瞼下垂手術後の左右差、眠そうな感じを修正する!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

眼瞼下垂手術の修正で多いご相談内容の一つに、『開眼時の左右差』があります。

また、困ったことに、こうした修正手術に対応できる医療機関が少ないのも事実です。

さらに困る事は、修正可能と安請け合いして術前より悪化させてしまう医師がいることです。

修正手術は、その特性上、高い技術が要求される上に、眼瞼下垂手術の修正はさらに難しいので、担当医選びは特に慎重にしていただきたいと思います。

今回は右目のラインが気になり、また左目が眠そうになって左右差が気になるという方をご紹介したいと思います。

まず、術前の状態と術後1ヶ月の状態をお見せいたします。
Before Before

術前の状態です。

After After

術後1ヶ月の状態です。

まだ腫れが残っていますが、二重の形が改善し、目の開き方の左右差も改善しているのがお分かり頂けると思います。

眼瞼下垂手術の修正は、内部処理の調整に全てが、かかっています。

しかし、一度癒着した組織を丁寧に分けて、またしかるべき位置に治すというのは、非常に手間のかかる作業です。

After

術前のデザインです。

この方の手術についてご説明を加えていきたいと思います。

まず皮膚の切除ですが、左右差がありますので、傷の左右差をあえてつけてデザインします。
このデザイン力も医者の能力です。
After
次に左右差が出ている原因を探します。

この方の場合は挙筋腱膜(写真の中に矢印で示しました)が上に上がってしまい(引っ込んでしまい)(写真3)、本来の位置にないため、上手く力が伝わらずに目がきちんと開かなくなっていました。

この挙筋腱膜を引っ張り出し(写真矢印で示した白く、つるっとした組織)て、本来の位置に戻すという作業を行いました(写真4)。

この状態に左右差がありましたので、これらを均一に処理することにより目の開き方、二重の幅を調整しました。
After

抜糸直後の状態です。

いつも書いていますが、修正手術の際は、“落ち着くのに時間がかかる”という事が特徴です。

術前に担当される先生の技量に疑問を持ちながら手術を受けると、術後しばらくして『ちっとも改善していない!!』と患者さんがストレスを感じてしまいます。

この方の術後5日抜糸時の状態を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、この時点では、まだ開き方も悪く、改善していないと感じると思います。
いつも同じような事を繰り返し書いておりますが、術前カウンセリングでは、このようなことで悩まないように手術される先生が担当された症例を実際に見せていただいてから、担当医を選ぶことをお勧めします。

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


眼瞼下垂手術の修正で多いご相談内容の一つに、『開眼時の左右差』があります。今回は右目のラインが気になり、また左目が眠そうになって左右差が気になるという方をご紹介したいと思います。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら