現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の他院修正手術

  • 第262話 2015/10/27
  • 目の他院修正手術

他院二重切開の修正、眠そうで、プックリした二重を治す!

まず、今回御協力いただいたモニターの方にこの場をお借りして深く感謝いたします。

当院は、他院二重切開修正の方を数多く治療する日本でも有数の施設だと思います。

また眼瞼下垂手術の普及と共に眼瞼下垂手術後の修正術も増えました。

一般の方の認識では、『二重や眼瞼下垂手術は、簡単な手術』というイメージがあるためか、簡単に手術を受けられているような印象を受けます。

また、現実の診療の場でも、“簡単に綺麗になりますよ!今日やりましょう!”と軽い感じで手術をしまう医師がいることも事実です。

“後悔先に立たず”ですね。

よく考えてから手術を受けられることをお勧めします。

さて、今回は、他院で切開法で二重を作ったら、眼瞼下垂になり、さらに修正したら、二重が広く不自然になった』というのが、ご本人の悩みでした。

まず、術前と修正術後3ヶ月半の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前の状態です。

After After

二重の感じが変わり、『左右差も少なくなった』のがお分かりいただけますでしょうか?

このような方は、
1.挙筋腱膜が離断していることにより、目が開け難く眠そうな感じが出ている(特に右目内側)。
2.瞼板前組織が切除されているために循環が悪く(鬱血している)、プックリ感が出ている。また、その組織がないために目を閉じた特に傷が凹んで見える。
というのが、症状の原因です。

この修正手術は、
1.離断した挙筋腱膜を修復する 。
2.瞼板前組織の代わりを他の組織で充填しながら循環を良くする。
3.新しい二重を作る。
という治療をしなくてはなりません。

言葉にすると簡単ですが、非常に高度な技術が要求されます。

After

術中の様子です。

今回は、順を追って、詳しくご説明したいと思います。

まず、術前の目を閉じた時の状態です。(写真5)

矢印の部分が凹んで見え、線で示した部分の二重がガタガタしているのがお分かりになりますでしょうか?

修正手術は、皮膚を切除することから始まりますが、左右差がありますので、左右差をあえてつけたデザインが非常に大事だと思います(写真6)
After
ここで、内部の状態についてのご説明をしたいと思います。

囲み矢印で示した部分の組織が削られ、凹んでいるのがお分かりいただけますか?

また、横に矢印で示した部分の組織も全体的に少なくなっているのがお分かりいただけますでしょうか?(写真7)

これが二重を凸凹させている原因で、その内部の段差の影響で術前の矢印で示した部分が凹んだように見えていることが分かりました。

こうした組織の凸凹を残存した組織を上手く使い、穴埋めをします。

ピセットで持ち上げた部分(矢印で示してあります)が、穴埋めように私が持ってきた組織です(写真8)。

この術中の判断能力、組織を決め、持ち上げる能力がないと、修正手術は出来ません。

また、術後は腫れることが多く、左右差が出やすいのが通常です。それに加え、術後経過中には、悪化したように見えることも珍しくありません。
After

術後1ヶ月後の状態です。

この方の術後1か月の状態(写真9, 10)をお見せしますのが、傷も着色し、左右差も目立つと思います。
最近は、『修正症例は是非当院で』というような医療機関も増えましたが、そのような先生の所で、さらに悪化させられ、この方のように、初回の修正手術でなく、複数回の手術を受けられている方にお会いすることも多くなりました。

修正手術は、非常に高度な技術が要求されますので、担当医が担当した『閉じた目の状態も一緒に見る』などして、担当医は慎重に選んでいただきたいと思います。

今回は、他院で切開法で二重を作ったら、眼瞼下垂になり、さらに修正したら、二重が広く不自然になった』というのが、ご本人の悩みでした。術後は二重の感じが変わり、『左右差も少なくなった』のがお分かりいただけますでしょうか?

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら