現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第291話 2017/08/26
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻を何となくスッキリ!鼻美容外科の手術

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。
『鼻の存在感を小さくしたい!』、『鼻を目立たなくさせたい』というご希望の方にお会いするのは、稀ではありません。
また、『鼻に異物を入れるものちょっと』とおっしゃる方もいらっしゃいます。


そのような場合に、私が好んでやっている手術に『鼻尖軟骨縫縮術(団子鼻手術)+小鼻縮小術』があります。
当院の鼻尖軟骨縫縮のやり方は、一般的な術式と異なりますので、このような複合手術も含めて色々な方をご紹介したいと思っていますので、参考にしていただきたいと思います。


以前より、鼻尖軟骨縫縮術の効果には、個人差(軟骨の大きさと皮下組織の厚さによって影響される)があるという事は、ご紹介していますが、今回は小鼻縮小術との複合手術ですので、御参考にしていただきたいと思います。


まず、術前と術後3か月の状態を比較していただきたいと思います。
正面から見て頂くと、何となく鼻筋がすっきりとして、鼻が少し小さくなったように見えると思います。
Before Before

術前の状態です。

After After

術後3ヶ月の状態です。

横顔で比較していただくと、鼻先が若干高くなったのもお分かりいただけると思います。
さらに、下から見上げた状態を比較していただくと、鼻先、小鼻の状態変化がはっきりとお分かりいただけると思います。

After

術前のデザインの様子。

次に、小鼻はどの程度切ったのかを御覧に入れたいと思います。
先の術前、術後の変化からすると、『切った割には、効果が少ない』と感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、左右差を考えてバランスよくデザインし、『自然に仕上げる』ことにこだわっています。
After

抜糸直後の状態です。

術後の腫れをご紹介します。
術後5日目、抜糸時の状態ですが、腫れてはいるものの、腫れが激しいと言う程ではないと思います。
2つも手術して、この程度か?
と思われるかもしれませんが、いつも書いているように、私の手術は『控え目な変化』です。担当医によって、手術プランもデザインも全く違います。
美容の手術は、患者さんと担当医の『感性』が非常に大事だと思いますので、担当される先生の症例をよくご覧になってから担当医を決められることをお勧めします。


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2



ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/

団子鼻手術、鼻先を細く、鼻先を縛る、鼻先形成、鼻先を高く、鼻をすっきり、鼻を小さく、鼻美容外科

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら