現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法鼻の形成/隆鼻術(シリコン・軟骨・ヒアル)

  • 第334話 2018/07/20
  • 隆鼻術(シリコン・軟骨・ヒアル)

これでいいのか??シリコン(プロテーゼ)他院シリコン(プロテーゼ)隆鼻術を修正する!!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

最近、当院では、他院にてシリコン(プロテーゼ)隆鼻術を受けたのだけれども、なんだか形が気になるというご相談の方が増えました。

このような患者さんの中に一定割合で、『前医は、シリコンが飛び出さない安全な入れ方をしたから』と説明を受けたというお話を聞く気がします。

今回は、『シリコン(プロテーゼ)が短すぎたために?形状が良くない方』をご紹介したいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

まず、術前と術後3か月の正面状態を比較していただきたいと思います(写真1, 2)。

何が変わったの?と思われるかもしれませんが、正面の写真ですと、この変化は分かり難いと思います。

After

術前斜め(写真3)術後斜め(写真4)
術前横(写真5)術後横(写真6)

少し分かり易いように、角度を変えたものをお見せします。

斜めから見た場合の、鼻筋の形に注意して頂きたいと思います。術前後の違いがお分かりいただけますでしょうか(写真3, 4)?

横顔で見て頂くと、非常に分かり易いと思います。術前の状態で黄色い矢印で示した部分で、鼻が下向きになっているのが、術後に改善しています(写真5, 6)。
After

前医のシリコン(写真7)
当院のシリコン(写真8)

これは、シリコン(プロテーゼ)の境界が上すぎるというのが原因です。

前医でのシリコン(プロテーゼ)の位置(写真7)と私が使用したシリコン(プロテーゼ)の位置(写真8)を比較して頂くと、その違いが、お分かりいただけると思います。

このように、途中までしかシリコン(プロテーゼ)を入れないと、その境界線が表面に出てしまい、形状的な問題に発展することも有ります。

さて、術後の腫れ方について御紹介したいと思います。
前にも書きましたが、このような場合は、前医でのシリコン(プロテーゼ)が容易に抜けるかが腫れ方に大きく影響しますので、個人差がかなり出てしまいます。
After

術後1ヵ月(写真9・10・11)

この方は、非常に腫れましたので、腫れる場合の参考になると思います。術後1か月経過した状態ですが浮腫んだような腫れが残り、鼻筋が太く見えると思います(写真9-11)

いつも同じことを書いていますが、同じ名前の手術でも担当によっては、別物です。
担当医の感性によっては、『シリコン(プロテーゼ)の形状』も変化しますし、仕上がりの形も大きく変わってしまいますので、担当医が、どのような考え方をして手術をしているのかを知ることは、非常に重要です。

関連動画はこちら※出血シーンがございますので閲覧にご注意ください。
https://www.youtube.com/watch?v=0rgiVs44KT0
治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


鼻整形失敗、鼻整形修正、鼻整形再手術、美容整形失敗、美容整形再手術、鼻整形他院修正

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら