現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

  • 第340話 2018/08/24
  • 鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

団子鼻手術、縛るだけで変わりますか?鼻先(団子鼻手術)の効果と腫れ方。

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

当院では、鼻尖形成術(団子鼻手術)は、非常にメジャーな手術ですが、患者さんからは、色々な質問を受けます。

その中の一つに『本当に鼻の軟骨を縛るだけで、変わるのですか??』というものがあります。
この『変わる』という程度には、ご本人のイメージもあると思いますので、色々な方をご紹介するのが、的を得た方法かと思っています。

また、術後3か月すると『戻ってしまう』というお話を聞いたという方にもお会いしますので、術後3か月の状態も御覧に入れたいと思います。

では、術前と術後3か月の状態を御覧に入れたいと思います(写真1, 2)。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

私の手術は、『控えめ』で、悪く言うと『代り映えのしない』手術なので、正面の写真だけですと、変化があまり出ないことも多いのですが、この方は、正面から見ただけでも違いが分かると思います。

After

術前・下(写真3)術後下(写真4)
術前・斜め(写真5)術後・斜め(写真6)

下から見て頂くと、変化がはっきりとお分かりいただけると思います(写真3, 4)。鼻先が『細く』『高く』なっています。

斜めから見て頂くと、何となく鼻の雰囲気が変わったこともお分かりいただけると思います(写真5, 6)。

相変わらず『他院では鼻先は細くならないと言われた』、『鼻先が上を向くのでやめた方が良い』というようなお話を聞きますが、それは、その医療機関での手術結果だと思います。

当然の事ながら、『担当医が変われば、効果も結果も変わる』という一言に尽きると思います。
After

抜糸時(写真7・8・9)

この方は、比較的効果が分かり易く出たのではないかと思いますが、これは、ご本人の元の軟骨の形状に左右されてしまう部分も大きいことは否めません。

また、軟骨の大きさや手術中の様々な操作によっても術後の腫れ方が違います。この方は、腫れが強く出た方ですので、ご参考になれば幸い(写真7, 8, 9)。
After

術後3ヵ月(写真10・11・12)

また、上述した『戻ってしまう』というお話ですが、術後1か月では、『若干腫れが残っている』ために、『腫れが引くと形状が変化して、戻ったように感じる』のではないかと思っています。

この方の術後1か月の状態をお見せしますので、術後3か月の状態と比較していただきたいと思います(写真10, 11, 12 )。
いつも同じことを書いていますが、医療機関によっては、同じ名前の手術でも別物である場合も多々あります。また、同じ医療機関内でも担当医によってもやり方が違うという場合さえあります。

こうしたこともお考えの上、担当医の『術式』『技能』と自分のリクエストが合っているかを検討して、担当医を決めることが非常に大事だと思います。


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら