現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第346話 2018/10/12
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻の存在感を減らす!!鼻尖形成術(団子鼻手術)、小鼻縮小術の複合手術

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

今回ご紹介するのは、『鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術を同時に行った方』です。

鼻の存在感を減らすには、この2つの手術を同時に行うことは、私が多用する手術ですので、ご参考にして頂きたいと思います。

この方は、『鼻の存在感が大きいので、存在感を減らしたい』というのがご希望でした。術前に拝見すると、鼻尖か、および小鼻のボリュームが大きいことが影響していると思われましたので、小鼻縮小術と鼻尖形成術(団子鼻手術)を計画しました。

鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術をどのように行うかについての手術手技については、患者さんとしてあまり関係のない部分ですので、実際の小鼻をどの程度切除して、術後の腫れがどの程度出るものかをご紹介したいと思います。

まず、正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

小鼻が小さくなり、鼻全体がすっきりとした感じを与えると思います。

After

術前・下(写真3)術後3ヵ月(写真4)
術前・斜め(写真5)術後3ヵ月・斜め(写真6)

下から見上げると、術前(写真3)と術後3か月(写真4)の違いが、はっきりとお分かりになると思います。

斜めから見た感じは、術前(写真5)と術後3か月(写真6)では、あまり大きな変化が感じられないと思います。他人から指摘されない程度の『自然な変化』は、このようにある一定の角度で比較したときに変化が少ないように仕上げることが『コツ』だとも思っています。
After

デザイン(写真7・8)

当院では、『他の人に分からない程度に変えて欲しい』という御希望の方によくお会いします。私が行っている手術は、よく言うと『自然な変化』で、『別人のように生まれ変わりたい』という方には適していませんので、ビックチェンジを望まれる方は、ほかの担当医を選ばれることをお勧めします。

手術は、担当医の感性によって、どのように手術するかという『デザイン』が非常に異なります。私の手術デザインをお見せします(写真7, 8)。
After

抜糸時(写真9・10・11)

最後に手術後の腫れについてもご紹介したいと思います。術後5日目、抜糸時の状態ですので、ご参考になれば幸いです(写真9,10,11)。


関連動画はコチラです※出血シーンがございますので、閲覧にはご注意ください。
https://www.youtube.com/watch?v=kY7Psqx5Efc
治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2


ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら