現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法鼻の形成/鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

  • 第364話 2019/02/18
  • 鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

団子鼻手術(鼻尖形成術)、縛るだけでは高さが足りない?!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

当院では、団子鼻手術(鼻尖形成術、鼻尖軟骨縫縮術)は、非常にメジャーな手術ですが、患者さんからは、色々な質問を受けます。

その中の一つに『鼻の軟骨を縛るだけでは、高さが足りなくないですか?』というものがあります。

確かに、縛るだけという手術では、『鼻尖の高さが足りない』という事も考えられます。

しかし、よくお話をしていると、『あと少しだけ』という程度を希望されていることが多い(当院だからかと思います)ので、そのような場合に、『鼻翼軟骨の一部を鼻尖に移動して移植する』という方法が有効です。

この方法のメリットは、何といっても『他の部位(耳の裏等)を切らなくて良い』という事だと思います。

しかし、同時に『鼻翼軟骨は薄いため、大きな変化を出し難い』『鼻翼軟骨が癒着変形していると使えないため、初回の手術のみしか適応がない』という欠点もあると思います。

では、実際にどの程度の変化が出ているのかを、術前と術後1か月の状態をお見せして、ご説明したいと思います。
Before Before
After After

正面から見て頂くと、鼻尖が細くなり、鼻筋も通ったようになると思います(写真1, 2)。

After

術前(写真3・5)術後1ヵ月(写真4・6)

下から見た状態を比較していただくと、『鼻尖が細くなり、高くなった』ことがお分かりいただけると思います(写真3, 4)。

私の手術は、『控えめ』で、悪く言うと『代わり映えしない』手術が多いのですが、鼻尖形成単体の手術と比べて頂くと『代わり映えしている』のではないでしょうか。横から見て頂くと高さの変化も分かると思います(写真5, 6)。
After

術前・斜め(写真7)術後1ヵ月・斜め(写真8)

斜めから見ると、こうした変化は、他人には『何となく雰囲気が変わった』『鼻筋が通った』という印象で映るはずです(写真7, 8)。
After

術中(写真9)

次に、手術法についてご説明したいと思います。

まず、両側の鼻の穴の中を切ります(表面に傷はつきません)。その後、軟骨を寄せたり、鼻先の形状を整えるために不必要な軟部組織(黄色い矢印で示したピンセットでつかんでいる部分)を切除します(写真9)。
After

術中(10・11)

軟部組織の切除が終了したら、鼻翼軟骨という鼻先の軟骨の一部を問題ない部分で、切り取ります。

残った鼻翼軟骨は左右から上手く寄せ、その上に先に切り取った鼻翼軟骨を重ねて固定します。

この方の場合は、3枚の鼻翼軟骨を重ね合わせました(写真10)。

こうしてみると、非常に鼻尖の高さが高くなりそうですが、鼻翼軟骨自体に弾力性がありますので、そこまでは高くなりません。

鼻尖に固定した状態をお見せしますので、参考にして頂きたいと思います(写真11)。

この鼻翼軟骨が柔らかいというのは、後に『鼻尖を突き破って出てくる可能性が非常に低い』という点でもメリットがあります。

こうして鼻尖の形状を整えたのちに、創部を縫合して終了します。
After

抜糸時(写真12.13.14.15)

次に術後の腫れ方についてご紹介したいと思います。

手術というのは、操作が多い程腫れますので、この方の場合も鼻尖形成術単体の場合よりも腫れます。

術後5日目、抜糸時の状態をお見せします(写真12, 13, 14, 15)。

いつも同じことを書いていますが、医療機関によっては、同じ名前の手術でも別物である場合も多々あります。

また、同じ医療機関内でも担当医によってもやり方が違うという場合さえあります。

鼻翼軟骨を全く使わない先生もいらっしゃいますので、何よりも大事なのは、『自分と感性の合う担当医を見つける事』だと思います。

診察していて、私の手術が患者さんに不向きであると思って場合は、率直に申し上げるようにしているのは、このためでもあります。

美容外科の手術は、『ものを売るのとは違う』と思いますので、あれもこれもと勧めてくる医療機関には、ご注意をされた方が賢明だと思います。


施術名:鼻尖形成(団子鼻修正)+鼻翼軟骨移植

施術内容:この方の場合、鼻尖形成術で鼻先を細く高くし、更に鼻先の高さを出す為に鼻翼軟骨移植との併用手術を行いました。

副作用(リスク):抜糸までテープ固定が必要・手術後の腫れ

施術料金:鼻尖形成術+鼻翼軟骨移植セット¥451,440(モニター¥361,160)税込


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら