現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法顎・くちびる他/顎・くちびる

  • 第371話 2019/04/15
  • 顎・くちびる

上口唇挙上術ってどんな手術??

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

人中(にんちゅう)短縮術の話は、何回か書いていますが、唇の形状を変える手術として、上口唇挙上術がります。

人中短縮術との異なる点は、『どこを切るか』という事だと思います。

鼻との直線的距離を短く見せる方法としては、人中短縮術が適応になると思いますが
上唇の形状を整える、上口唇をふっくらしたい、口角が下がって見えるので何とかしたい等のニーズに合う手術だと考えています。

美容外科での手術として、あまり目にしないと思いますので、ご説明を加えていきたいと思います。

まず、術前と術後1か月の状態(写真1, 2)を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後1ヵ月(写真2)

唇の形が変わり、口全体の雰囲気も変わったのではないでしょうか?

After

術前(写真3)術後1ヵ月(写真4)

口を若干開いた状態(写真3, 4)
After

術前(写真5)術後1ヵ月(写真6)

大きく口を開いた状態(写真5, 6)もお見せしますので、状態の変化の参考にして頂きたいと思います。
After

デザイン(写真7)

この術式は、説明されていることが少ないと思いますので、少し説明を加えたいと思います。

まず唇を引きあげますので、その分の皮膚を切り取らなくてはなりません。

術後の変化や皮膚の伸び方等を計算してデザインします(写真7)。

このデザインする能力をデザイン力と私は呼んでいますが、このデザイン力が、どの手術においても重要です。

次に、局所麻酔をして、この部分を切り取ります。

切り取り、縫合するという単純な術式なだけに、術者の高度な縫合技術が要求されます。
After

抜糸時(写真8.9)

術後5日後の抜糸時の状態もお見せします(写真8, 9)。

唇に腫れが残っていますが、お化粧をしていただくと“ごまかせる”状況なのではないでしょうか?

いつも同じような事を書きますが、同じ手術名前でも内容は医療機関によって全く違います。

手術には、医者の感性が大きく影響しますので、『ご自分の感覚に合った先生を見つけていただく』事が非常に大事だと思います。

※出血シーンがございますので、閲覧にはお気をつけ下さい。

施術名:上口唇挙上術

施術内容:上口唇をふっくらさせる・口角を上げる

副作用(リスク):内出血が起こる可能性がある・術後の腫れ

施術料金:通常料金¥259,200(モニター¥207,360)

この方の場合、上口唇を厚くしたい・口角が下がって見えるとのことで、上口唇挙上術を行いました。

一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら