現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法鼻の形成/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第374話 2019/05/17
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻尖形成術(団子鼻手術)に鼻翼軟骨移植を追加??さらに小鼻縮小術を加えたら、大きく変わる?

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

今回ご紹介するのは、『鼻尖形成術(団子鼻手術)、鼻翼軟骨移植術、小鼻縮小術を同時に行った方』です。

2つ以上の手術を同時に行うと、大きく変わってしまわないのかとご心配される方にお会いすることも少なくないので、ご参考になれば幸いです。

この方は、『鼻の存在感を減らして、すっきりとした印象にしたい』というのがご希望でした。

術前に拝見すると、鼻尖の形状のために鼻筋が太く見えること、小鼻の大きさが若干大きいことが印象に表れていると判断し、小鼻縮小術と鼻尖形成術(団子鼻手術)をご提案しました。

ご本人としては、鼻尖を微妙に高くしたいとの事でしたので、さらに鼻翼軟骨移植も同時に施行することにしました。

ここで少し触れておきたいのは、鼻翼軟骨を移植することと、耳介軟骨を移植することの違いです。

鼻翼軟骨は、非常に薄く、軟らかいので、鼻尖の手術を行うと、癒着を起こしてしまい、初回の鼻尖形成術の際にしか使えないという欠点があります。

また、薄いために、高さを出しにくく、微妙な変化を希望される際にしか使えません。

しかしながら、鼻尖の手術の際に同時に行えるという手軽さがあり、傷が他の部位に増えないという利点もあります。

それに比して、耳介軟骨は、ある程度の硬さと厚さがあるので、形状を出しやすいという利点の他に、耳に傷をつけて、軟骨を採取しなくはいけないという欠点があります。

では、正面の術前(写真1)と術後2か月(写真2)の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後2ヵ月(写真2)

小鼻が小さくなり、鼻全体がすっきりとした感じを与えると思います。

After

術前(写真3)術後2ヵ月(写真4)

斜め方向の顔を比較すると、鼻尖も少し高くなり、鼻筋が通ったような感じになったのがお分かりいただけると思います(写真3, 写真4)。
After

術前(写真5)術後2ヵ月(写真6)

下から見上げると、鼻尖が高く細くなり、鼻の横幅も小さくなったのがお分かりいただけると思います(写真5, 写真6)。
After

術前(写真7)術後2ヵ月(写真8)

横画を比べて頂くと、鼻尖の位置が若干下向きになったこともお分かりいただけると思います(写真7, 8)。
After

術前(写真9)術後2ヵ月(写真10)

次に、手術時のデザインをお見せします(写真9, 10)。鼻尖に丸くつけた部分に鼻翼軟骨を移植しました。
After

抜糸時(写真11.12.13.14)

最後に、術後5日目、抜糸時の状態をお見せします(写真11, 12, 13, 14)。

当院は、『他の人に分からない程度に変える』という微妙な変化を得意にしています。

これは、よく言うと『自然な変化』、悪く言うと『代り映えのしない』手術だと思います。

美容手術は、担当医がどのような形状を綺麗だと感じるのかという感性によって、術後の仕上がりには大きな差異が生じてしまいます。

手術前には、担当医の手術した術前術後をよくご覧になって、担当医の感性を検討されることが何より大事だと思います。

※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください

この方の場合、鼻の存在感を減らしてすっきりした印象にしたいというのがご希望でした。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら