現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法人中短縮術(リップリフト)

  • 第377話 2019/06/06
  • 人中短縮術(リップリフト)

私って、人中短縮術(にんちゅうたんしゅくじゅつ、リップリフト、上口唇短縮術)受けられますか?

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

人中(にんちゅう、じんちゅう)短縮術をご希望の方に、『人中が何ミリだと手術を受けられますか?』というご質問を時々受けます。

一般的には、人中の一番長い部分が15㎜というのが日本人の平均値とされていますが、これはどこから出てきた数字なのかは定かではありません。

しかし、私も15㎜より長いか否かを一つの基準にしています。というのは、経験的に顔の大きさにあまり影響されずに、基準値にしても差し障りがないと考えているからです。

ところが、この15mm以上なくても、手術適応になる事もあります。

ここで、一番私が気にしているのは、上口唇の形状です。

横長で薄い感じの方ですと、手術適応があるのではないかと思います。

しかしながら、これはあくまで一般論ですので、診察に来ていただいた際に『手術適応が、私にはあるとは思われないので、お断りします』と言ってしまう場合もあります。

一番分かり易い自己判断法は、鼻の穴の下5㎜程度のところを上に引き上げて頂いて、おかしくないか、口が閉まらなくならないかというのを見て頂くのが良いと思います。

では、今回の方をご紹介したいと思います。
術前デザイン Before

この方の人中は20mm程度でしたので、手術適応はあると思われます。

また、少し引き上げた場合の形状も悪くないと思いましたので手術を施行しました。

手術時の切除デザインをお見せします(写真1)。

After
術前(写真2)、術後3か月(写真3)の状態の変化をお見せします。何となく雰囲気が変わったのがお分かりいただけると思います。
After
傷の状態もお見せします。

角度を変えた術前(写真4)と術後3か月(写真5)を比較していただくと、イメージも付きやすいのではないでしょうか?
After
最後に腫れ方をご紹介したいと思います。術後5日目、抜糸時の状態です。傷も目立ちますが、上口唇が全体的に腫れているのもお分かりいただけると思います(写真6, 7)。

この手術は、切って縫うという単純な手術なのですが、そのために『どこで、どのように切るのか』という事が非常に大切です。
この手術は、切って縫うという単純な手術なのですが、そのために『どこで、どのように切るのか』という事が非常に大切です。

手術を受けられる際は、担当する医師がどのようにデザインするかも非常に大事だと思います。


※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。


手術名:人中短縮・リップリフト・上口唇短縮術

施術内容:鼻の下の長さを短くする

副作用(リスク):術後1ヵ月~2か月程度は傷跡が目立つ

施術料金:¥302,400(モニター¥241,920)税込

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/


BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら