現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の手術/目尻切開

  • 第379話 2019/06/21
  • 目尻切開

目尻切開、目尻靭帯移動術で、目尻の左右差を整える!!

まず、このお話に御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは『目尻切開、目尻靭帯移動術』です。

目尻切開術は、何回かご紹介していますが、目尻切開術のみですと、左右の目尻の高さを変えることが出来ません。

この目尻の高さを調整するために、靭帯を移動する必要があります。

今回は、この手術の方法、形状の変化、術後経過についてご説明したいと思います。

初めに、術前、術後3か月の正面視の状態を比較していただきたいと思います(写真1, 2)。
Before Before

術前

After After

術後3ヵ月

左右の目尻が下がり、目尻側の下眼瞼の形状が、変わり、左右差が少なくなったのがお分かりいただけると思います。

After

術前(写真3)術後(写真4)

上を向いた状態で比較していただいても、目尻側が自然に下がったのが分かり易いと思います(写真3, 4)。
After

術前(写真5)術後(写真6)

横から見て頂くと、白目の形状が、術前後で変化していることもお分かり頂けるはずです(写真5, 6)。
After

術前(写真7)術後(写真8)

上を向いた時の状態も同様に比較して下さい(写真7, 8)。
After

切開範囲(写真9.10)

では、この手術を具体的にどのように行っていくのかをご説明したいと思います。

切開する場所は、目尻切開の場合と同じで、カラスの足と呼ばれる目尻の皺に沿って5mm程度です(写真9)。

こうして切開を加えた後に、靭帯を露出させ、移動後に再固定します。

文章にすると、非常に複雑に感じるかもしれませんが、切開範囲も小さく、『大きな手術を受けている感は、全くない』と思います(写真10)。
After

抜糸時(写真11.12)

この様に、手術を行うと、手術中の出血が、白目の部分に回ってしまう事もあります。

この時は、少々患者さんとしては、びっくりしていまいますので、この状態をご紹介しておきたいと思います(写真11, 12)。

もちろん、こうしたことが起こるのは10%弱なのですが、こうした状況もあえてご紹介しておくと、術前の心構えや術後の社会生活にも支障をきたし難くなるのではないかと思っています。
(私のブログに、術直後の状態もご紹介していますので、こちらも併せてご覧頂くと、こうした変化が術直後ではなく、しばらく時間をお置いてから起こることがご理解いただけるはずです。)

Amebaブログはこちらから⇓⇓
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12477425927.html
目尻切開術や靭帯移動術の手術方法に関しては、色々なバリエーションがありますが、眼球が乾く、眼球が長期に渡り充血しているなどの症状が出てしまう手術は非常に危険だと思います。

手術前には、こうしたリスクに熟知している担当医を選ぶ必要があると思います。



施術内容:目尻靭帯移動術

施術内容:目尻を下げて優しい目元にする

副作用(リスク):手術後、一時的に白目部分が赤くなる可能性がある

施術料金:通常料金¥399,600(税込)モニター料金¥319,680(税込)

この方の場合、目尻の形状が気になるという事で、目尻靭帯移動術を行いました。目尻切開では目尻の高さを変えることができませんので、目尻の高さを調整するために、靭帯を移動する必要がありました。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら