現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法鼻の形成/複合手術(2つ以上の手術)

  • 第385話 2019/08/11
  • 複合手術(2つ以上の手術)

鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術までやったのに、これだけ??

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

今回ご紹介するのは、『鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術を同時に行った方』です。

当院では、『自然な変化』を望まれる方が多くいらっしゃいます。

何が『自然か』という事については、個々人の感性によるところが大きいと思いますので、担当医がどのような手術をするのかを見た上で、ご本人が判断しなくてはいけないと思います。

この方は、『鼻の存在感を自然に小さくしたい』というのがご希望でした。

術前に拝見すると、小鼻の大きさが若干大きく、鼻の横幅が大きく見える事、鼻尖の形状のために鼻筋が太く見えることが原因と判断し、小鼻縮小術と鼻尖形成術(団子鼻手術)を計画しました。

この術前計画は、プロテーゼを入れる、鼻中隔延長術を計画する等担当医によって大きく変わると思います。

鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術の手術の詳細につきましては、何回か書いていますので、このコラムでは、どの程度の小鼻を切り取ったのかというデザインを、お見せしたいと思います。

まず、正面の術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

小鼻が小さくなり、鼻全体がすっきりとし、鼻筋も通った感じになったと思います。

After

術前(写真3)術後3ヵ月(写真4)

斜め方向の顔を比較すると、鼻筋が通り、鼻のボリューム感が減少した感じになったのがお分かりいただけると思います(写真3, 写真4)。
After

術前(写真5)術後3ヵ月(写真6)

横顔を見て頂くと、鼻先の高さが若干高くなっているのもお分かりいただけると思います(写真5, 6)。
After

デザイン(写真7)

では、小鼻縮小のデザインを御覧に入れたいと思います(写真7)。

案外、たくさん切っていると思われるかもしれませんが、切りすぎると不自然に小さくなってしまいますし、切らなすぎると、あまりに変化に乏しい結果になってしまうと思います。

また、この仕上がりには、曲線的なデザインと組織切除の際に曲線をイメージしながら、微妙な感じで組織を切除することも大きなポイントだと考えています。
After

抜糸時(写真8・9・10)

次に、術後の腫れを御覧にいれたいと思います。

術後5日後、抜糸時の状態(写真8, 9, 10)ですが、腫れが残っているために、鼻尖が大きく、太って見えるかもしれません。


この方の術直後と術後1か月後の状態変化に関しては、私のブログでご紹介したいと考えていますので、そちらをご参照いただきたいと思います。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12501496944.html
当院では、『他の人に分からない程度』という意識をもって手術を行っているのですが、『ご本人にはしっかりと変化を認識していただける』ように努力もしています。

いつも書きますが、美容手術は、担当医のデザイン、言い換えれば、『センス』が大きく出てしまいますので、手術前には、担当医の手術した術前術後をよくご覧になって、担当医の『センス』を検討されることが何より大事だと思います。



施術名:鼻尖形成術(団子鼻解消術)+小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

施術内容:鼻尖形成術で鼻尖の形状を小さくし、小鼻・鼻の横幅が大きく見えるのを解消する

副作用(リスク):手術後の腫れ・皮下出血の可能性がある

施術料金:鼻尖形成術¥259,200(モニター¥207,360)税込み
     小鼻縮小¥291,600(モニター¥233,280)税込み

この方の場合、鼻の存在感を自然に小さくしたいというのがご希望でした。

一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら