現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/小鼻縮小

  • 第386話 2019/08/22
  • 小鼻縮小

小鼻縮小で大きく変わる!!

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

小鼻縮小術を希望される方は、“鼻が横に広いのが気になる”“笑った時の小鼻の形が気になる”というお悩みの方がほとんどです。

よく、『他院では、何ミリ幅の小鼻にしますか?』『小鼻縮小で、何ミリ鼻全体の幅を狭く出来る』と言われたというようなコメントを頂くことが多いのですが、私は、『ミリ数よりもバランス重視』ですので、その方に合うような切除するデザインを考えるようにしています。

また、他院で術前の打ち合わせミリ数にしたら、鼻が不自然になった、鼻の呼吸がしにくくなったというようなご相談を受けることも、稀ではありません。

小鼻をどのように小さくするのかというデザインは、仕上がりの形状に大きく影響するため、『担当医の美的センス』が非常に大事になります。

私は、『自然な変化』の手術を好んでいますが、小鼻が大きい方に少ししか切らないと、『やった意味が分からない』ということになってしまう可能性もありますので、このあたりの『バランス感覚』が非常に重要だと思います。

今回の方は、『変化がしっかりと分かる手術』をしましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

まず、術前(写真1)と術後3か月(写真2)の正面の状態を比較していただきたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

小鼻の変化に着目しなくても、『鼻の雰囲気が結構変わった』のと同時に『鼻の穴の見え方も変わった』ことにも気が付かれるはずです。

After

術前(写真3)術後3ヵ月(写真4)

下から見て頂くと、小鼻の変化が、さらに分かり易いと思います。(写真3, 4)
After

術前(写真5)術後3ヵ月(写真6)

斜めから見た変化では、『いかにも感ではなく、小鼻が自然に小さくなった』印象を受けると思います(写真5, 6)。
After

デザイン(写真7)

美容外科の手術で『デザインが非常に大事』という事は、よく書きますが、この手術は小鼻本来の丸みを損なわないデザインをすることが非常に大事だと思います。

特に小鼻を小さくすることだけに意識が行き過ぎると、小鼻の切除幅が多くなってしまい、『呼吸がしにくい』という状態になってしまいます。

先にも書きましたが、私は、このようにならないように、デザインに特にこだわっています。今回のデザインをお見せします。

重要なことは、『想像していた程、切除幅が大きくない』ということです。

『何ミリ切るかではなく、どのように切るのか』ということが、いかに重要なのかがお分かりいただけるはずです(写真7)。

当然のことながら、切除デザインだけではなく、切除の仕方(メスの傾ける角度や力の入れ方)、中縫いの処理の仕方(どのように糸をかけていくのか、どのような種類の糸を使うのか)等も非常に重要ですので、担当医の『手術技能』も事前に確認しておいた方が良いかもしれません。
After

手術直後(写真8.9)

最後に術後の状態についてご紹介したいと思います。

術直後は、このような感じで、糸が付き、麻酔の影響で腫れも出ます。ご帰宅の際は、マスクが必需品ですが、当院でお渡ししますので、ご本人にご用意して頂く必要性はありません(写真8, 9)。

相変わらず、『他院では、非常に特殊な糸を使うので追加料金が必要』と言われたのですが、先生のところの糸は、大丈夫でしょうか?という質問を受けることもあります。

私は、『糸にもこだわりがあり、特別注文で作って頂いています』が、当院の料金体系は、均一です。確かに糸も色々なものがあり、金額も様々ですが、『自分が最高と思えるものを惜しみなく』使ってこそ、プロだと私は考えています。


施術名:小鼻縮小

施術内容:鼻が大きい・小鼻の広がりを解消する

副作用(リスク):抜糸後、1ヵ月程度は傷の赤みがある

価格:通常料金¥291,600モニター料金¥233,280(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

この方の場合、小鼻の大きさが気になるとのことで小鼻縮小術(鼻翼縮小術)を行いました。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら