現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の他院修正手術

  • 第406話 2020/02/17
  • 鼻の他院修正手術

【団子鼻手術】鼻尖形成術で行う鼻のゆがみの修正手術 

まずこのお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術(団子鼻手術)の使い方です。

鼻尖形成術(団子鼻手術)に関しては、何回も書いていますので、新しい内容は無いのですが、この術式の使い方についてご紹介したいと思います。

この方は、他院にてプロテーゼ(シリコン)隆鼻術を受けられた後に、少しずつ鼻の形が変わってしまった(経年変化)というお悩みで当院にいらっしゃいました。

術前の状態(写真1, 2)をお見せします。横から見て頂くと非常に分かり易いと思います。
Before Before

エメラルドグリーンの矢印で示したように、鼻先が上を向いてしまい、黄色い線で示したような変形を起こしていることがお分かりいただけます。

後にご紹介しますが、これは、L型プロテーゼ(シリコン)の足の部分が突き上げて起こっていると考えられました。

また、正面から見るとプロテーゼ(シリコン)が曲がっていることも分かり、右の鼻の穴が変形(黄色い矢印)していました。

このような場合に、プロテーゼ(シリコン)を入れ替えると、今の入っているスペースに容易に新しいプロテーゼ(シリコン)が入ってしまい、『真っ直ぐに入れ替えたのに、またプロテーゼ(シリコン)が曲がった』という状況になってしまうことも少なくありません。

そこで、このような場合に私が好んで行っている手術が、『プロテーゼ(シリコン)抜去+鼻尖形成術(団子鼻手術)』です。

この方法だと、新しく軟骨等を採取する必要がなく大掛かりな手術にならなくて済むこと、プロテーゼ(シリコン)が曲がらないというメリットがあります。

しかしながら、鼻根部の高さが出せないという欠点もあります。

After

術後3カ月(正面、横)

この方の術後3か月の状態をお見せします。

鼻根部の高さは、低くなってしまっているものの、鼻全体が低くなったようには見えず、むしろ『自然な形状になった』と言えるのではないでしょうか。

鼻尖形成術(団子鼻手術)に関しては、『アップノーズになりますか?』という質問も受けるのですが、このように『アップノーズの修正に使用することもある手術』だという事を認識して頂きたいと思います。
After

術前・術後3カ月

下から見た術前と術後3か月の変化を比べて頂くと、鼻尖の高さはそれほど低くならずに、鼻柱が真っ直ぐになったことがお分かりいただけると思います。
After

挿入されていたプロテーゼ(シリコン)

それでは、どのようなプロテーゼ(シリコン)が入っていたかをお見せします(写真7)。

L型のプロテーゼ(シリコン)が入っていたために、矢印の方向に鼻先を押し上げ、アップノーズになっていたことが理解できます。

このような手術は、プロテーゼ(シリコン)を再度挿入しないために、それほど大きく腫れないのですが、鼻先を含め、形状が安定するまでに数か月(2-3か月程度)の時間を要することも特徴です。
After

抜糸時(正面・横・下)

次に、術後1週間、抜糸時の状態をお見せしますので、腫れ方のご参考になれば幸いです。
今回取り出したプロテーゼに関する内容はブログに掲載しておりますので、併せて御覧下さい。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12571908217.html
このような手術では、鼻中隔延長術等を含めた修正手術を提示されることが一般的なのかもしれません。

しかし、私は『最小限の手術で済ませたい』と考えていますので、その術式(治療方針)も他院とは異なる可能性が大きいと思います。

手術には、医者の考え方が大きく反映されますので、術前には、『考え方の合う』担当医を見つけることが非常に大事だと思っています。

※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。


施術名: 鼻シリコンプロテーゼ抜去(他院)+鼻尖形成修正

施術内容:鼻シリコンプロテーゼ抜去・・・他院にて挿入したシリコンプロテーゼを取る/鼻尖形成修正術・・・鼻尖の歪んでいる形状を修正する

副作用:手術後の腫れ・皮下出血する可能性がある。

施術料金:鼻シリコンプロテーゼ抜去(他院)¥220,000(モニター料金¥187,000)/鼻尖形成修正¥330,000(モニター¥280,500)
※税込



治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=14

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら