現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法鼻の手術/鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

  • 第408話 2020/03/27
  • 鼻尖形成(軟骨縫縮・移植)

【鼻尖形成術(団子鼻手術)】鼻尖(鼻先)の軟骨を縛るだけで雰囲気を変える

まずこのお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術(団子鼻手術)です。

この手術のカウンセリングをしていると、いまだに他院では、『アップノーズになる』『鼻先だけ異常に細くなる』等言われたという方にお会いすることも珍しくありません。

また、そのような理由から、他院では鼻中隔延長術を勧められることも多いようです。

当院の手術は、他院で行われている『一般的な手術』とは、異なり、『結果も異なり』ますので、この点をご理解いただきたいと思います。

細かい手術方法をいくらご説明しても、結果が全てだと思いますので、手術前後の状態変化を見て頂きご評価いただきたいと思います。

術前(写真1)と術後3か月(写真2)の正面から見た状態の変化です。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3カ月(写真2)

鼻先がすっきりとした感じに変わっているのがお分かりいただけると思います。

After

術前(写真3)
術後3カ月(写真4)

下から見て頂くと、術前(写真3)と術後3か月(写真4)では、つまんだような感じ(ピンチノーズ)になっていないことがお分かりいただけると思います。
After

術前(写真3)術後3カ月(写真4)

横から見て頂くと、術前(写真5)と術後3か月(写真6)では、アップノーズになっていないこともお分かりいただけると思います。

私は、『患者さんの気になっている部分を最小限の手術で対応したい』と考えています。

したがって、当院では『営業トーク』は、一切なく、スタッフにもその点については徹底した教育を行っています。

ですので、時として他の美容外科と比べると『やる気がない』『冷たい』という印象を持たれてしまうことも有るかと思います。

『あなたは、この手術を絶対受けた方が良い』という言葉に含まれる『絶対』という意味が私には分かりません。
手術後の腫れに関してはこちらを御覧下さい。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12584352453.html
術後1カ月後の様子はこちらを御覧下さい。

https://note.com/yamamotoclinic/n/nbe2014e7e4bd
手術計画には、担当する医師の感性が非常に大きなウエイトを占めると思います。

いつも同じことを書くのですが、『担当医との感性が合わないと手術は上手く行かない』と思います。

術前にその医師が担当した手術の前後をよく見て考えることをお勧めします。

※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。


施術名:鼻尖形成(団子鼻修正)

施術内容:鼻尖形成術で鼻先を細く高く見せる

副作用(リスク):抜糸までテープ固定が必要(夜間ギブスは1カ月程度使用)・手術後の腫れ

施術料金:鼻尖形成術¥264,000(税込)モニター¥211,200(税込)


治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
http://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/yamaclistaff


当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

この方の場合、鼻尖(鼻先)の形状がきになっているということで鼻尖形成術(だんご鼻解消術)を行いました。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら