現役医師による美容外科コラム

Case

目の形成/二重切開法目の他院修正手術

  • 第459話 2022/01/04
  • 目の他院修正手術

目尻切開したら、ぷっくりしてるんですけど!!お化粧で隠せません。

手術名:目尻切開修正

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

この方は、他院にて目尻切開術を受け、右目尻がぷっくりしていること、左目尻が切れ込んだみたいな感じになっていることがお悩みでした。

担当医と相談すると、『ちょっと縫い合わせれば調整できるから』と気楽に言われたことが非常にご不安との事でした(写真1)。
Before Before

この様に、『目尻の形状』を主訴にいらっしゃる方は、珍しくはないのですが、『簡単にちょっと縫って治るという訳にはいかない』というのが、現実です。

まず、このような状況になっている原因には、以下のようなものが考えられます。
1. 目尻の靭帯を切り込みすぎて、切り込んだ形状になっている場合
2. 縫い方が雑で、形状が悪い場合
3. 切った断面の処理が悪く、肉芽(にくげ)という状態になっている場合
4. 結膜の処理が悪く結膜が引きつれた場合


ですから、縫い直すだけでは、治療が行われない可能性もあり、こうした状況に対応するために、再度切開を加え、肉芽を取り除き、適切な縫合方法に変更するという必要性があります。

After
この方の場合も、切開を加え、靭帯損傷がないかを確認後、適切な縫合方法に切り替えるという処置をしました。術中の状態をお見せします(写真2)。
After
術後3か月の正面を見ている状態をお見せします(写真3)。目尻の形状が改善されていることがお分かりになるはずです。本来、目尻切開の手術では、目を開け閉めして頂き、形状の確認をしてから手術を終了するので、こうしたトラブルは非常に低いはずです。
After
この術前状態は、上を向くと、よりはっきりしてしまい、人といる時の表情に困ってしまうとのことでした。上を向いた状態の術前(写真4)、術後3か月(写真5)をお見せしますので、比較して頂きたいと思います。
After
真直ぐ前を見ている状態でも、目尻の形状を指摘されることも多く、『ものもらいができているから』等の言い訳をしなくてはいけない様です。

斜めから見た状態の術前(写真6)、術後3か月(写真7)を比較して頂くと、『ものもらい』的な状態が改善していることが、はっきりとお分かりいただけるはずです。
修正手術の場合、担当医が『思い付き』で行うと、『修正不能』の状態になってしまうことも多々あります。

術前には、再度セカンドオピニオンを数か所の医療機関で聞いてみることを強くお勧めします。

いつも同じことを書きますが、こうした修正手術を行わなくても良いように担当医選びを慎重に行うことが何より大事だと思います。
ブログでは術前の状態について補足紹介をしております。
https://ameblo.jp/dr-y-yamamoto/entry-12719184209.html

noteも併せて御覧下さい。
https://note.com/yamamotoclinic/n/n3dbd9b94f439
※出血シーンが含まれておりますので、閲覧にはくれぐれもお気を付け下さい。


施術名:目尻切開修正

施術内容:今回の方の場合、他院にて目尻切開術を受け、右目尻がぷっくりしていること、左目尻が切れ込んだみたいな感じになっていることがお悩みで修正手術を行いました。


副作用(リスク):手術後の経過に時間がかかる場合がある
            

施術料金:目尻切開修正¥528,000(税込)モニター¥448,800(税込)
        

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=13

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

この方は、他院にて目尻切開術を受け、右目尻がぷっくりしていること、左目尻が切れ込んだみたいな感じになっていることがお悩みでした。

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら