診療案内

Practice

目の形成目の形成

顔のパーツの中で、一番強く人に印象を与えるのが目です。また目は、その人の内面さえも映し出すと言われています。
目の形や幅を整え、くっきりとした目に。そして目の開きを大きくしてぱっちりとした目にすることで、目ヂカラを格段にアップし、より魅力的な目もとにすることができます。

二重まぶたについて

二重まぶたの形には末広型と平行型がありますが、それ以前にもともと二重まぶたの方と一重まぶたの方がいます。
それでは、なぜ二重まぶたと一重まぶたの方が生まれるのかと言いますと、上まぶたの中には瞼板(けんばん)と呼ばれる軟骨があり、この瞼板には挙筋と呼ばれる目を開けるための筋肉がついています。さらに、挙筋の表面には挙筋腱膜(きょきんけんまく)という膜があります。
もともと二重まぶたの方は、まぶたの皮膚と挙筋腱膜がくっついているために、挙筋が縮まった際に皮膚が上方に引っ張られ溝ができることで二重まぶたになるのです。
それとは対照的に、もともと一重まぶたの方はまぶたの皮膚と挙筋腱膜がくっついていないため、目を開けても引っ張られることがなく、二重まぶたができないのです。
目の形成
ですから、二重まぶたの手術はまぶたの皮膚と挙筋腱膜を連結すればいいといえます。
手術の方法は、大きく分けて埋没法・切開法と2種類、またその中間的な手術として部分切開がありますが、カウンセリングでいずれの手術を受けられるのかを決めて下さい。
また、二重まぶたの種類で平行型の二重まぶたは、華やかな印象を与え、末広型の二重まぶたは、控えめな二重まぶたといった印象を与えますが、どのようなデザインにするのかは、術前に "綿密なカウンセリング"をいたします。