診療案内

Practice

目の形成目の形成

二重切開

二重切開

厚くはれぼったいまぶたも、くっきり二重に

手術時間抜糸腫れ麻酔
片目30分5日後7~10日局所

手術について

二重切開
二重埋没法では癖が付きにくい方や、皮膚が余っている方に適応するのが、『切開法』です。

二重のデザイン線を切開し、余分な脂肪等を除去し内部処理を行うことが可能なため、切開法では、埋没法や部分切開法に比べてしっかりとした二重をつくることができます。
さらに極端にまぶたの脂肪が厚く腫れぼったい方などは、眼窩脂肪(がんかしぼう)の除去を行うことで、安定した二重のラインをつくることが可能です

手術時間は両目で1時間程度。十分な時間をかけて二重の形を確認しながら丁寧に手術して行きます。

当院のこだわり

◇こだわり1 自然な仕上がりで!
いかにも“整形”といったデザインではなく、生まれつきそうだったかのような自然なデザインを心掛けます。

◇こだわり2 理想の形へ最高の効果が出る、必要最小限の手術をお受けいただくことができます。

◇こだわり3 目は閉じるもの。閉じた時の傷の仕上がりにもこだわります。

カウンセリング

二重まぶたのカウンセリングで重要なことは、患者様のご希望されるラインを医師が事前に確認ししっかりと理解することです。そのため、まずは充分に時間をかけてカウンセリングを行い、患者様のご希望を確認します。それから、細い針金状の専用器具で擬似的な二重のラインをつくり、理想の幅や長さ、末広型・平行型・奥二重の形をシミュレーションし、患者様と確認しながらデザインを決めていきます。
また、手術当日には実際のデザインをご確認いただいてから執刀するので、安心して手術を受けていただけます。

施術の流れ

二重切開 二重切開

軟部組織などを切除し、糸で固定させることによって、挙筋腱膜と皮膚につながりを持たせます。

  • 1 術前診察 患者様のご希望を事前の綿密なカウンセリングで伺い、仕上がりのラインをデザインしていきます。
  • 2 麻酔 局所麻酔を行います。手術は、全く痛みを感じずに受けていただけます。
  • 3 切開 デザインに沿って、皮膚を切開します。この際、皮下の眼輪筋や軟部組織の切除を行います。
  • 4 形成 挙筋腱膜と皮下組織をナイロン糸で数か所縫合し、二重を形成します。
  • 5 縫合 切開部の皮膚を丁寧に縫合します。

アフターケア

入院・通院 入院は必要ありません。抜糸のため5日後にご来院ください。
シャワー・入浴 手術翌日より可能ですが、3日間は顔にシャワーの湯水がかからないよう注意してください。 洗顔・入浴は抜糸翌日から可能です。
メイクアップ 目もと以外のメイクは手術当日から可能です。アイメイクは、抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術後腫れている間は使用を避け、1~2週間以降の使用をおすすめします。