診療案内

Practice

シワ取り・リフトアップシワ取り・リフトアップ

シルエットリフト

シルエットリフト

気軽に自然にリフトアップ

手術について

シルエットリフト
360度引き上げ可能なバイオコーンで引き上げ効果アップ
画期的な特殊構造のシルエットリフト
最新!切らないリフト シルエット3Dリフト
シルエットリフト
『シルエットボリューム』と同様に『バイオコーン』が、糸の中心を境にして逆向きになっており、挿入点から双方向にリフト糸を挿入することで、リフトアップ効果を高めた、最新のリフティング糸です。
効果の持続する期間が約18ヶ月と長く、顔のあらゆる領域で使用可能なので、深いほうれい線や頬のたるみ、目尻や口角、額等気になる部分にオーダーメイド感覚で本数を調整し、挿入可能です。また、首のたるみにも使用できます。

挿入した糸やバイオコーンが真皮層の細胞を刺激するので、まわりにコラーゲンやエラスチン等が生成され、キメが細かくふっくらとしたハリのある肌になります。
切らないリフト その1 シルエットリフト
シルエットリフト
フェザーリフトやアプトス等の従来のリフティング糸に比べると、効果的に引き上げる力を格段に強化した安全な新世代の画期的なリフティング糸です。
従来のリフティング糸はギザギザの棘状の返しで引き上げていましたが、『シルエットリフト』は円錐状の立体的なコーン『バイオコーン(生体分解性ポリマー)』で360度引き上げることが可能となり広範囲のリフトアップ効果が出ます。

ほうれい線から、頬、さらに目尻。さらに顎のたるみや首のたるみなどを引き上げますから手術によるフェイスリフトに近い効果が期待されます。
また術後に皮膚にひきつれた感じも出さないので、『自然な仕上がり』が期待できます。

カウンセリング

たるみ方には、個人差があります。
どちらの術式でどの位置で糸を挿入することが、最も効果的であるのかを診察でご提案いたします。

施術の流れ

  • 1 術前診察 どの位置に糸を挿入するかをご本人の状態に合わせてデザインします。
  • 2 麻酔 局所麻酔で施行いたしますが、ご希望により静脈麻酔を併用し、寝ている間に手術を終わらせることも可能です。
  • 3 糸挿入 『シルエットリフト』または『シルエットボリューム』を挿入させます。
    シルエットリフト使用時には、引き上げ具合の調整を行い、筋膜に固定します。
  • 4 調整 体を起こした状態で引き上がり具合を確認し、調整して終了です。

アフターケア

入院・通院 入院の必要ありません。『シルエット1ボリューム』は、抜糸もありません。『シルエットリフト』は、5日後に抜糸が必要です。
シャワー・入浴 シャワーは手術翌日より可能で、洗顔も翌日から可能です。
メイクアップ すべてのメイクは手術翌日から可能です。