診療案内

目の形成

眼の下リフト(眼の下のたるみ取り)

眼の下リフト(眼の下のたるみ取り)

目もとのたるみをとって若々しく

手術時間抜糸腫れ麻酔
片目45分5日後7~10日局所

手術について

眼の下リフト(眼の下のたるみ取り)
目の下の弛んだ皮膚を切開し筋肉を引き上げることで、目の下の膨らみの原因である脂肪を切除するのが、目の下のリフト術です。
皮膚が弛んで余っている方に最適な手術法です。

目の縁ぎりぎりを切開するので、術後傷痕が問題になることはほとんどありません。
手術時間は両目で1時間半程度。十分な時間をかけて目の形を確認しながら丁寧に施術いたします。

当院のこだわり

◇こだわり1 限界ぎりぎりの切開ライン。縫いしろとして最低限の皮膚幅のみ残した部分を切開するので、至近距離から見ても傷痕がわからないように仕上げます。

◇こだわり2 手術中に何度も目を動かしていただき、いろいろな表現に適した皮膚の切除をします。

◇こだわり3 自然な張りを残すように、切除する脂肪量を調整します。

カウンセリング

目の下の弛み方や目の形に合わせ、どのような切開ラインで実際に手術するのか等も含め、術式の細かいご説明をします。

施術の流れ

眼の下リフト(眼の下のたるみ取り)
  • 1 術前診察 切開ラインの場所や脂肪を取る位置等、細かいご説明をします。
  • 2 麻酔 局所麻酔で行います。手術は、全く痛みを感じずに受けていただけます。
  • 3 切開 デザインに沿って、皮膚を切開します。
  • 4 内部組織処理 下眼窩脂肪を適量切除、眼輪筋の引き上げを行います。
  • 5 余った皮膚の切除 目を動かしていただき、いろいろな表情をされても不自然さがでないように余った皮膚を切除します。

    6 縫合
    切開部の皮膚を丁寧に縫合します。

アフターケア

入院・通院 入院は必要ありません。抜糸のため5日後にご来院ください。
シャワー・入浴 手術翌日より可能ですが、3日間は顔にシャワーの湯水がかからないようご注意ください。洗顔・入浴は抜糸翌日から可能です。
メイクアップ 目もと以外のメイクは手術当日から可能です。アイメイクは、抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術後腫れている間は使用を避け、1~2週間以降の使用をおすすめします。

フェイス

ボディ

注射

スキンケア&<br>ボディケア