診療案内

目の形成

経結膜脱脂(切らない目の下のたるみ取り)

経結膜脱脂(切らない目の下のたるみ取り)

切らずに目の下をすっきりと

手術時間抜糸腫れ麻酔
片目20分なし1日局所

手術について

経結膜脱脂(切らない目の下のたるみ取り)
目の下のくまや膨らみの原因である脂肪(眼窩脂肪)を、結膜側から除去する手術です。
結膜にレーザーで穴をあけて、脂肪を切除するので、表面に傷はできません。また、縫合の必要がない手術ですので、術後のケアも簡単です。
手術時間は両目で45分程度。気軽に手術を受けていただけます。

目の下部分にフラクショナル CO2 レーザーを照射すると、たるみだけでなくシワも改善するため、よりアンチエイジング効果があります。

当院のこだわり

◇こだわり1 脂肪除去の際に、部分的な凹みやシワが出ないよう、脂肪を取り出す位置のバランスを考え、滑らかな仕上がりを実現いたします。

◇こだわり2 自然な張りを残すように切除する脂肪量も最適に調整いたします。

カウンセリング

お顔全体のバランスを拝見した上で、脱脂する脂肪量を決定しご提案いたします。
その際、たるみや膨らみの程度により、自然で若々しいハリを残す効果を最優先で考えます。

施術の流れ

経結膜脱脂(切らない目の下のたるみ取り)
  • 1 術前診察 脂肪を取る位置等細かいご説明をいたします。
  • 2 麻酔 局所麻酔で行います。手術は、全く痛みを感じずに受けていただけます。
  • 3 切開 レーザーを使用して、結膜に穴を開けます。
  • 4 脂肪除去 下眼窩脂肪が適量になるように目を動かしていただき、切除量を決定し、施術します。縫合はありませんので、これで終了です。

アフターケア

入院・通院 入院の必要はありません。抜糸もありません。
シャワー・入浴 手術翌日より可能です。入浴も翌日から可能です。
メイクアップ 目もと以外のメイクは手術当日から可能です。アイメイクは、抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術後腫れている間の使用は避け、1~2週間以降の使用をお勧めします。

フェイス

ボディ

注射

スキンケア&<br>ボディケア