診療案内

Practice

乳房の形成乳房の形成

陥没乳頭

陥没乳頭

見た目だけではなく、授乳の不安がある方も

手術について

陥没乳頭
陥没乳頭は、乳頭(乳首)が引き込まれ凹んでいる状態のことを言います。この引き込みの原因のひとつが索状組織(スジ)です。
手術は乳頭に切開を加え、このスジの引き込みを外します。当院では乳頭基部での引き締めも同時に行っています。

基本的に授乳に必要な乳管は温存しますので安心です。切開は乳頭からなので、傷跡もほとんど残らず目立ちません。

当院のこだわり

◇こだわり1 術後の面倒な固定具を使用する必要がない術式で行っています。

◇こだわり2 術後の授乳が可能です。

カウンセリング

診察にて陥没の程度を確認した後、その症状とご希望される状況とを考慮したうえで術式の決定をし、ご説明いたします。
症状等によっては、治療に保険が適用される場合もございますので一度ご相談ください。

施術の流れ

陥没乳頭 陥没乳頭
  • 1 術前診察 手術直前に実際に切開場所を確認していただきます。
  • 2 麻酔 局所麻酔で施行いたしますが、ご希望により静脈麻酔を併用し、寝ている間に手術を終わらせることも可能です。
  • 3 切開 乳頭を引き込んでいる癪痕組織を切除します。
  • 4 縫合 乳頭を縫合します。

アフターケア

入院・通院 入院の必要はありません。5日後に抜糸のための来院が必要です。
シャワー・入浴 患部を濡らさない工夫をしていただければ、翌日よりシャワーは可能です。