現役医師による美容外科ブログ

Case

目の形成/二重切開法目の形成/修正手術

  • 第358話 2019/01/07
  • 修正手術

【二重切開手術で眠そうな顔に】他院手術の結果を改善

まず、御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

今回ご紹介するのは、二重切開手術の修正手術です。

この方は、他院にて二重切開手術を受けられ、二重の幅が不自然になった、眠そうな感じが気になるということで、当院にいらっしゃいました。

術前(写真1)と術後3か月(写真2)の状態を比較して頂きたいと思います。
Before Before

術前(写真1)

After After

術後3ヵ月(写真2)

黒目がはっきりとし、二重の幅が狭くなったのがお分かり頂けると思います。

ここで、もう一つ注意していただきたいのが、術前は左右の眉毛の高さが違っているという事です。
この原因については、後ほど書きたいと思います。

After

術前・閉眼時(写真3)
術後3ヵ月・閉眼時(写真4)

閉瞼時の状態を比べて頂くと、術前(写真3)と術後3か月(写真4)では、二重の幅(まつ毛から二重までの距離)が小さくなったのがお分かりいただけると思います。
After

デザイン(写真5)
術中(写真6・7)

この方の場合、皮膚の余りは、あまり有りませんが、二重の幅を細くするために皮膚切除をし、新しい二重を作る必要性があります。

この点を意識しながら、皮膚切除のデザインをする必要があります。

一見すると、単純に皮膚切除のデザインを描いているようですが、このラインを引くだけでも、ある一定の技術(デザイン力)が必要です(写真5)。

術中の所見です。

ピンセットでつまんだ浅い部分に糸がありました(写真6)。

これらを外して、さらに深く進むと、矢印で示した部分にも他の糸がありました(写真7)。

これらも外さなくてはいけないのですが、不用意に触ると、出血を起こし、挙筋腱膜も浮腫んでしまい、手術続行が難しくなってしまいます。

こうした作業に高度な技術が要求されます。

この工程は、言葉にすると『癒着を剥離しながら、埋没された糸を摘出する』という一言になるのですが、この単純で難しい作業を、常に同じレベルでこなさなければいけない、というところに修正手術の難しさがあります。

また、こうした工程の後に、挙筋腱膜やミュラー筋という部分の位置を再固定するという作業が必要です。

この方のように眠そうな目に仕上がってしまっている場合は、この再固定の位置調整が非常に大事で、何回も座ったり、寝たりして頂きながら微調整を行います。

これは根気と技術の両方が要求されます。

先ほど述べた術前の眉毛の位置に左右差があったのは、挙筋腱膜の固定が悪く、開瞼に際し、前頭筋という額の筋肉を使って挙げていたという事が原因でした。
After

抜糸時(写真8.9)術後1ヵ月(写真10.11)

次に、術後の経過をご紹介したいと思います。

術後5日目、抜糸時の状態ですが、複雑な手術であるために非常に腫れます。

腫れの為に、二重の幅も広くなり、左右差も目立つと思います(写真8, 9)。


修正手術の術後経過に時間がかかるということは、毎回書いていますが、この方の術後1か月の状態をお見せします。

二重の形状は、落ち着いてきているものの、傷の赤みと凸凹が非常に気になると思います。

また、目頭側の傷が硬いために二重の形にも影響が出ています(写真10, 11)。

この後の、術後3か月の状態は、先にお見せしたのですが、二重の幅が狭く落ち着いている事、目頭側の傷が、『ミミズ腫れになって、ケロイドのように見えた』状態も改善していると思います。


修正手術は、しつこく書きますが、初回手術とは全く異なる経過をとり、一時的に悪化したように見えますし、経過の時間軸にも非常に個人差が出ます。

当院で手術を受けられた方は、私を信じて、術後は一緒に頑張って頂きたいと思います。
施術名:二重切開修正(他院修正)+挙筋腱膜処置

施術内容:この方の場合、二重の幅を狭くし、眠そうな目を修正する。

副作用(リスク):術後の腫れ・一時的に悪化したように見えることがある

施術料金:二重切開修正¥540,000(税込)モニター¥432,000(税込)
         挙筋腱膜処置¥108,000(税込)モニター¥69,120(税込)

関連動画はこちらです。※出血シーンがございますので、閲覧にはお気を付けください。




治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。
https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=13

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。
https://www.dr-yamamoto.com/contact/

他院修正専門サイトはこちらです

https://yama-case.com/


また、スタッフブログもぜひご覧下さい。
https://ameblo.jp/yamaclistaff

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。
https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

BACK 一覧へ NEXT
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら