診療案内

Practice

目の形成目の形成

目頭切開

目頭切開

目をもっと大きく、すっきりと
目頭切開法

手術時間施術時間抜糸腫れ麻酔痛み
片目20分施術時間5日後3日局所痛み

手術について

目頭切開
アジア人に多く見られる特徴の一つとして挙げられるのが、「蒙古ひだ」と呼ばれる内眼角(目頭部分)に張っている皮下組織です。
この蒙古ひだが理由で、目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見えたりします。
内眼角の蒙古ひだを切開し、余分な皮膚を取り除くことにより、目頭の形を整えすっきりと自然な目に仕上げることが可能です。
さらに、横幅が広がることで、目が大きくなったような印象も与えることができます。

当院のこだわり

◇こだわり1 自然なデザインを心がけており、手術直前にも実際のデザインを患者様に確認していただきます。

◇こだわり2 極細の糸を使用し、縫合はゆるく密に。傷に糸の圧迫感を残しません。

カウンセリング

目頭切開は、わずか1mm目の幅が広がるだけで顔全体の印象が変わってしまう手術です。
ですから、術前の患者様とのカウンセリングは非常に重要で、ご本人のご希望を十分に伺った上で、最適なデザインをご提案いたします。

施術の流れ

目頭切開 目頭切開
  • 1 術前診察 患者様のご希望を事前の綿密なカウンセリングで伺い、ご希望の形状に合わせてデザインいたします。
  • 2 麻酔 局所麻酔で行います。手術は、全く痛みを感じずに受けていただけます。
  • 3 切開 デザインした部分に沿って切開し、余分な皮膚や組織を切除いたします。
    その際、左右バランスを確認し調整いたします。
  • 4 縫合 傷を丁寧に縫合して終了です。
    デザインから手術終了まで約50分程度です。

アフターケア

入院・通院 入院の必要はありません。5日後に抜糸のための来院が必要です。
シャワー・入浴 手術翌日より可能ですが、3日間は顔にシャワーの湯水がかからないよう注意してください。洗顔・入浴は抜糸翌日から可能です。
メイクアップ 目もと以外のメイクは手術当日から可能。アイメイクは、抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術後腫れている間の使用は避け、1~2週間以降の使用をお勧めいたします。