診療案内

Practice

くちびるくちびる

上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる

上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる

ダウンタイムも短く、気軽に魅力的なくちびるを

手術時間抜糸腫れ麻酔痛み
1時間程度(ひとりひとり丁寧に仕上げています)5日後術後1日~2日は(アヒル口)のように腫れますが、ご心配なさらないようにお願いいたします。局所麻酔、静脈麻酔の併用も可能です。ほとんどありません。

手術について

上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる
ドライリップ(上唇の境目の皮フ)を切り取って、唇と縫い合わせることにより唇の形を変えます。

唇自体のボリュームを変えるわけではありませんが、手術効果によりボリュームが増えたように見せることも可能です。
pickup! この手術でもくちびるを厚くする効果!人中短縮術(鼻下短縮術・リップリフト)
上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる
鼻とくちびるの間の距離を縮める手術で、上口唇を引き上げてふっくらと見せることができます。
さらに、鼻の下が短くなることにより、顔全体が引き締まった印象を人に与えます。

⇒詳しくは人中短縮術の診療案内へ

当院のこだわり

◇こだわり1 傷がきれいに仕上がるように真皮縫合。皮膚縫合と3層縫合でいたします。

◇こだわり2 患者様の希望や元の形状を考え、デザインをきちんとしてから手術を行います。

◇こだわり3 速さを主眼にするのではなく、丁寧に時間を手術を行っております。

カウンセリング

顔のバランスをみて、唇の外側の切除範囲のデザインを決めていきます。
その際に、唇のカーブの状態を確認し、デザインを決めていきます。

施術の流れ

上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる

デザイン

上口唇挙上術(外側人中短縮)くちびるをふっくらさせる

手術直後

  • 1 術前診察 唇の外側と唇の境目に切開ラインをデザインします。
  • 2 麻酔 局所麻酔で施行いたしますが、ご希望により静脈麻酔を併用し、寝ている間に手術を終わらせることも可能です。
  • 3 切開 唇側と皮膚側では、メスを入れる角度を調整して、唇の境目が不自然に凹まないように注意しながら手術を進めます。
  • 4 縫合 止血を充分にして、皮下出血・腫れを最小限に抑えるように注意します。
    皮膚の境目に段差ができないように、溶ける糸で真皮を縫合します。
    極細糸による皮膚縫合をして終了です。

アフターケア

入院・通院 入院の必要はありません。5日後に抜糸のための来院が必要です。
シャワー・入浴 シャワーは、くちびる以外は当日から可能です。くちびるは術後3日目から可能です。
メイクアップ くちびる以外は当日から可能です。くちびるは抜糸翌日から可能です。
その他 辛い刺激物や熱いものは5日間控えていただきます。他のものは通常と同じように召し上がれます。